メルボルン、イスラエル人短期留学女性殺害される

ショッピング・センターの生け垣に死体投げ捨て

 1月16日朝、メルボルン北東郊バンドゥーラで若い女性の死体がショッピング・センターの生け垣の陰で発見された。

 その後、被害者はイスラエルからの短期留学生であることが明らかにされ、15日夜に86番トラムを降りた後、何者かに襲われ、強姦殺害されたものと見られている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 警察では事件の起きた夜に86番トラムに乗った乗客から情報を得るため、警察に連絡するよう呼びかけている。

 被害者の使命は明らかにされていないが、イスラエルのメディアが、「被害者は21歳のイスラエル人女性で上海大学に留学中、短期留学プログラムでメルボルンに来ていた」と伝えている。

 16日午前7時頃、バンドゥーラのプレンティ・ロードに近いポラリス・ショッピング・センター前で、通行人が生け垣の陰に横たわる女性を発見した。

 警察は、「着衣が乱れており、強姦された上に殺害されたものと見られる」と発表している。

 ショッピング・センターのスーパーマーケットで働く女性達が現場に花束を供えに来て、「こういう事件が多すぎるが、こんなに身近に起きると平常ではいられない。私たちはシフトで早朝や夜遅くに出入りしなければならないから怖い」と語っている。

 また、捜査にあたっているアンドリュー・スタンパー警部は、15日午後11時から16日午前1時までの間にポラリス・ショピング・センター付近を通りがかった市民の協力を得たいと呼びかけている。
■ソース
Bundoora body found near Melbourne tram stop was 21yo exchange student: Israeli media

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る