「海外政府系ハッカーが連邦議会サーバーに侵入」

モリソン首相、「政党などがターゲット」と発表

 スコット・モリソン連邦首相は、「2月8日に連邦議事堂のコンピュータ・サーバーに侵入したハッカーは自由党、労働党、国民党を標的にしていた」としている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ただし、「このハッキングが選挙結果を左右するものかどうかはまだ捜査当局も証拠をつかんでおらず。また、高度なハッキング技術を使っており、我が国のサイバー専門家は、この悪質な活動がどこかの国の政府のハッカーの行為だと考えている。また、我が国の選挙制度が被害を受けないよういくつか必要な措置を取った」と語っている。

 2月8日、連邦議事堂のコンピュータ・サーバーへの侵入を調査している段階で各政党のコンピュータにも侵入の証拠が残っていたことを突き止めており、自由党の広報担当者は、「この問題ではセキュリティ機関と協力している」と発表している。

 また、国のサイバー・セキュリティ最高顧問であり、全豪サイバー・セキュリティ・センター所長を務めるアリステア・マクギボン氏は、「ハッカーがどんな情報にアクセスしたのかはまだ調べないと分からないが、ハッカーが連邦議事堂のネットワークに入り込んだことは突き止めている。被害の全体像がつかめないうちにリスク管理の一環として
この事件を公表し、注意を呼びかけることを決定した」と発表している。

 この事件に関連し、ハッカーの侵入を突き止めた後、セキュリティ機関がパスワードをすべてリセットしたため、議事堂の議員および職員はすべて自分達の電子メールにもアクセスできなくなった。ただし、政府閣僚と閣僚事務室のコンピュータは独立したコンピュータ・サーバーにつながっているため、影響を受けなかった。

 マクギボン氏は、「ハッカーの身許はまだ判明していないが容疑者は限られている。その侵入者の高度な技術から判断してどこかの国家機関の仕業だと言うことは確かだ。このようなことができる国は限られているが、その名前を明らかにするに足りる証拠はつかめていない」と語っている。
■ソース
Scott Morrison reveals foreign government hackers targeted Liberal, Labor and National parties in attack on Parliament’s servers

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る