サーファーズ・パラダイスでグループの青年転落死

海外旅行者、教会の屋根のスカイライト踏み抜き

 2月24日付ABC放送(電子版)は、同日未明、海外旅行者の青年がサーファーズ・パラダイスの教会の屋根から教会の床に転落、死亡したと伝えている。

 同日午前2時頃、仲間5人とセント・ビンセント・カソリック教会の屋根に登っていた23歳の青年がスカイライトを踏み抜き、10m下の床に転落、死亡した。

 通報で救急隊が駆けつけたが青年は息を吹き返さなかった。

 事故のあった教会は犯罪現場として立入禁止命令が出されたため、日曜日の礼拝が取り消された。警察ではこの事故はいたずら半分の気持ちで6人が屋根に登っていて転落したものと見て、犯罪は行われなかったとしているが、ブレンダン・ウィブレン警部補代理は、「事故の状況について徹底捜査を行っている」と発表している。

 この教区に務めている巡回聖職者のウォレン・キン氏は、「彼らが屋根に登って何をしていたのか知らないが、人が死んだことは気の毒なことだ。家族のために祈るつもりだ」と語っている。

 また、捜査にあたっている刑事は、QLD州出身とWA州出身の19歳から31歳までの5人の男性に事情聴取している。

 また、1人は頭にケガをしており、病院に運ばれた。
■ソース
Tourist dies after falling through church skylight at Surfers Paradise

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る