原生雨林のジップ・ラインから男女転落死傷

QLD州最北部ケープ・トリビュレーション

 QLD州最北部ケープ・トリビュレーションのデイントゥリー原生雨林のツーリスト・アトラクションで男性が死亡、女性は重傷を負った。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 このジップ・ラインは、森林の2箇所に張り渡したワイヤーに滑車とハーネスでぶら下がり木立の上をロープウェーのように滑り降りていくアトラクション。

 警察の発表によると、男性(53)と女性(42)がジップ・ライン滑空中に10m下の地面に転落したもので、転落の原因など詳細は未だ明らかになっていない。

 この事故で男性は現場で死亡、女性は骨盤骨折が疑われる他、肩、腕も負傷しており、救助ヘリコプターでケアンズ病院に運ばれ、重体だが容体は安定している。

 10月22日午後2時頃、ケープ・トリビュレーションのキャメロット・クローズ在ジャングル・サーフィン・キャノピー・ツアーズ社が運営するアトラクショからの通報で警察や救急隊が出動した。2人の身許などは発表されていない。

 23日午前中に職場衛生安全局調査官が現場検証するまでモスマン警察署員が現場を封鎖して警備している。
■ソース
Man dead, woman seriously injured after 10-metre fall from zipline in Far North Queensland rainforest

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る