豪最悪名の連続殺人犯、ロング・ベイ刑務所で死亡

余罪の行方不明者疑われたまま、最後まで明かさず

 10月27日付ABC放送(電子版)は、オーストラリア最悪名のヒッチハイカー連続殺害犯、イバン・ミラットがロング・ベイ刑務所病院でガンにより死亡したことを伝えている。74歳。

 ミラット受刑者は判明しているだけでも7人のヒッチハイカーを車に乗せた後殺害しており、危険を察知して逃げた1人のヒッチハイカーの証言や自宅から押収された被害者の所持品で有罪判決を受け、7回の終身刑を言い渡されていた。

 1992年から1993年にかけてモス・ベイル西方のヒューム・ハイウェイに沿ったベラングロ州有林で白骨化した遺体が次々と発見され、猟奇事件として騒がれた。被害者の年齢その他の証拠品から海外からの若いバックパッカーがヒッチハイク中に射殺されたものと推定され、頻繁にヒューム・ハイウェイのその地域を走る住民から次第に容疑者が洗い出され、199年にミラットが逮捕された。

 ミラットやその兄弟の地所から被害者のバックパックや衣料などが押収されており、また、仕事上、ベラングロ州有林付近のヒューム・ハイウェイを頻繁に走っていたことや銃器などの武器に強い愛着を持っており、銃砲の一つの線条痕が凶器と一致するなど、状況証拠はきわめて強かった。そこにイギリスからポール・オニオンズ証人がオーストラリアに渡って証言台に立ち、ヒッチハイク中にミラットに拳銃とロープで脅されたが逃げ、背後から射たれたことを証言した。また、通りがかった車の運転者がオニオンズ証人を助けており、同じように証言した。

 ミラットは最後まで無実を主張していたが、陪審団はミラットに有罪の評決を下し、1996年に法廷は7回の終身刑を言い渡した。また、1990年代にはまだ数人の行方不明海外バックパッカーの名前が挙がっており、ミラットがその何人かを殺害したのではないかと疑われていたがミラットは最後まで自白しなかった。

 しかし、2019年5月にミラット受刑者は食道ガンと胃ガンの診断を受け、10月11日にはプリンス・オブ・ウェールズ病院で進行ガンの痛み治療を受けている。

 10月27日朝、ミラット受刑者はシドニー南方のロング・ベイ刑務所病院で死亡した。

 被害者の氏名は次の通り: VIC州出身のDeborah Everist、James Gibson (いずれも19)、ドイツ人のSimone Schmidl(21)、ドイツ人カップルのAnja Habschied(20)とGabor Neugebauer(21)、イギリス人のCaroline Clarke(21)、Joanne Walters(22)で、2人は頭を数回射たれており、1人は首を切り落とされている。また、3人は刺傷を負っており、死ぬ前にマヒ状態になっていたと推定されている。また、そのうち、2人は脊椎を完全に切られている。また、被害者のうち1人を除いて、生前または死後に性的暴行を受けている。
■ソース
Australian serial killer Ivan Milat dies in Long Bay prison, aged 74

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る