シドニーでアパートの冷凍庫に女性の死体

被害者の夫は子供を連れて中国に逃亡か

 11月27日、NSW州警察は、シドニー・アッパー・ノース・ショアのアパートで冷凍庫から女性の死体を発見したと発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件があったのはピンブル地区のボビン・ヘッド・ロードに沿ったアパートメント・コンプレックスの一室で、女性は30代後半の中国系女性と見られているが、身元確認は検視待ちになっている。

 また、女性の夫は2人の子供を連れて中国に逃亡したと見られている。

 同日午前10時頃、女性の安否を気づかう通報があり、緊急出動機関職員がアパートの扉をこじ開けて入り、発見したもので、アパートの台所に備えられた冷凍庫に何日も隠されていたものと見られている。

 夫が中国に逃亡した可能性はあるが、中国国内で逮捕勾留されている可能性もあり、警察は中国当局に問い合わせている。

 また、鑑識課職員がアパート室内で証拠を集めており、司法解剖で死因や推定犯行日時などの確認が行われる。

 事件のあったアパートメント・コンプレックスはピンブルの緑濃い地域で、住民は、「殺人事件など起きそうにない平和な地区なのに」とショックを受けている。
■ソース
NSW Police investigate after woman’s body found in freezer of Pymble apartment

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る