VIC州議事堂前でロックダウン反対派が抗議行動

警官隊ともみ合い、警察官1人負傷、10人逮捕

 5月10日、コロナウイルス・ロックダウン反対派100人ほどがVIC州議会議事堂前で抗議行動を行い、多数の集まりを禁じ、1.5mの間隔を空けることを定めた社会規制違反として警官隊が10人を検挙した。その際にもみ合いで警察官1人が負傷している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 VIC州では2週間に15万人のコロナウイルス検査が行われ、感染源不明な陽性者が20人判定された。また、今回の大量検査はVIC州の規制緩和の資料にするためと発表されている。

 議事堂前には大部隊の警官隊が垣根をつくり、反対派は、「自由と権利のために闘おう」、「コロナウイルスはサタンのしわざ」「5G反対」「ワクチン反対」などのサンドイッチ・プラカードを掲げ、「ノー・ロックダウン」のシュプレヒコールを叫んだ。

 「5G反対」「ワクチン反対」はこれまでも陰謀論派が主張しており、ロックダウン反対派の中にも陰謀論者の影響を受けた者がいることを示している。

 逮捕されたが間もなく釈放された抗議派の1人は、「警察官が、社会規制に違反したということで後から$1,652の罰金通告書を送ると言っていた」と証言している。

 主宰者の2人が逮捕された他、1人の逮捕の際に警察官が催涙スプレーを用いた。この3人は警察官に暴行した容疑で起訴されることになっており、もう1人は警察官に瓶を投げた容疑で起訴される見込み。

 警察官1人が肋骨の負傷で病院に運ばれた。

 VIC州警察は、「社会の抗議権を尊重するが、VIC州のすべての人間の健康と安全が最優先事項だ。今日のできごとは引き続き捜査し、参加者を割り出し、全員に罰金通告書を送る」と語っている。

 ジェニー・ミカコスVIC州保健相は、「社会的規制の意味を理解しない市民がいることは非常に残念だ」と語っている。
■ソース
Victoria’s coronavirus blitz tests 150k people as protesters arrested for breaching restrictions

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る