道路の真ん中でケンカの男性2人はねられ死亡

停車中の車避けようとしたBダブル・トラックが突っ込む

 5月11日夜、NSW州北部海岸地域の国道で道路の真ん中に車を停めてケンカを始めた男性2人を、車を避けようとしたBダブルのトラックがはね、2人とも死亡した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 パシフィック・ハイウェイのバリナ付近で、SUVを運転していたスティーブン・エドワーズさんは道路の真ん中に車を停めて降りるともう一台の車に近づいて、車の運転手とケンカを始めた。

 エドワーズさんのパートナーが車に残っており、ケンカをやめるよう呼びかけたが2人はやめようとしなかった。そこに、後続の荷台2両連結の大型トラックが2台の車を避けようとしてハンドルを切ったが、ケンカをしている2人に突っ込んではねた。

 エドワーズさんは30代で2人の子持ち、相手の男性は40代と伝えられており、2人はまったく見ず知らずだった。

 リッチモンド警察署のウイリアム・マッケンナ警部は、「トラックの運転手には停まっている車は見えたが、男性2人は見えなかったようで、そのために悲惨な事故になった」と発表している。

 Bダブル・トラックの運転手は生命に別状はなかったが、交通人身事故では運転者のアルコール、ドラッグ検査が義務づけられている。
■ソース
Two men fighting in the middle of the road fatally hit by truck

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る