NSW州、5人目のコロナウイルス死者

規制違反のトラック運転手兄弟の母親

 7月19日付ABC放送(電子版)は、州内で5人目のコロナウイルス感染死者が発生したと伝えている。50代の女性で、コロナウイルスに感染し、グリーン・バレー地区の自宅で死亡しているのが発見された。

 この女性は、以前に規制を破ってウェスト・ホクストンから州中部オレンジ市の北方、モロングまで引っ越し貨物トラックで移動した3人のうちの双生児兄弟の母親で、他の感染者からの濃厚接触で感染していた。

 NSW州保健局によると、3人のうち1人が7月16日にコロナウイルス陽性と判定されている。

 州保健局広報担当者は、「2020年3月以来、NSW州のコロナウイルス死者は61人、今回のアウトブレークの死者は5人となった。州保健局は、亡くなった女性の家族や友人に深い哀悼の気持ちを伝えたい」と語っている。

 警察の発表によると、3人は、ウェスト・ホクストンからイラワラ地域のフィグトゥリーに寄り、サウス・ボウエンフェルズ、オレンジと停まり、モロングに行っている。モロングで通報を受けた警察が3人を発見し、双生児の兄弟(27)と同僚(21)を検挙した。ウェスト・ホクストンはリバプール市に属し、現在厳しいハード・ロックダウンが発令されている。3人はその違反行為で各最高$11,000の罰金と最高6か月の禁固が科せられる。

 ジョン・バリラロ州副首相(国民党)は、「3人の行為は意図的であり無謀としかいいようがない。3人が中西部地域住民にコロナウイルスを感染させれば地域の医療施設は患者で溢れることになる」と非難している。
■ソース
NSW records fifth death from COVID-19 Delta outbreak, woman in her 50s found inside her home

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る