洗車場のゴミ箱にカンガルーの死体投棄

先週も係員が発見、警察に通報

 VIC州メルボルン北東のワランダイト地区にある自動車洗車場の大型ゴミ箱にカンガルーの死体5体が捨てられているのを洗車場の係員が発見、警察に通報した。先週も同じゴミ箱にカンガルーの死体6体が捨てられており、警察では刑事訴追を視野に入れて犯人捜査を進めている。

 2月25日付ABC放送(電子版)が伝えた。
 警察発表によると、2月24日午後、ワランダイト・ハイデルバーグ・ロードの洗車場のスキップ(大型ゴミ箱)で死体が発見された他、家庭用ゴミ箱からも幾体かカンガルーの死体が発見されている。洗車場管理者のサマンサ・オブライエンさんは、「気持ちが悪い。この洗車場は山野のそばにあるから、誰かハンティングに行った帰りにトラックを洗ったついでにカンガルーの死体を捨てたのかも知れない。こんなことはこれまでなかったのに。まったく恥知らずな。もし私たちが見つけていなければひどく厄介なことになっていたと思う。このところ暑かったから、死体も臭うようになっていた。あんなもの誰も見たくないはず。こんなひどいことをする人がいるなんて残念だ」と語っている。

 警察では犯人捜査を進めているが、最近にはテンプルストウのウエスターフォールズ・パークで体に矢が突き刺さったままのカンガルーが生きて発見されており、その事件との関連も調べている。
■ソース
Five dead kangaroos found in bins at Warrandyte car wash

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る