元消防長官「首相に危険を伝えるよう努力したが」

保守連合連邦政府の反応鈍さを批判

 グレッグ・マリンズ元NSW州消防長官が、「スコット・モリソン連邦首相に今年の夏のブッシュファイアは例年にない大規模なものになるから、消火航空機を増強するよう警告しようとしたが取り合ってもらえなかった」とモリソン連邦政権を批判している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 マリンズ氏を含む23人の元消防・緊急機関の長が、「今年4月以来、モリソン連邦首相に、今年は大きく、速く、また熱いブッシュファイアの季節になるから、消火航空機をさらに増強しなければならないと進言に努めていたが遂に聞き入れてもらえなかった」と語っている。

 マリンズ氏は、「早めの備えができていれば、今、NSW、QLD両州を襲っているような恐怖のブッシュファイアにももっと住民を守ることができたはずだ」と語っており、「しかし、今となっては私達がモリソン首相と話し合える見込みはなくなった」と語っている。

 マリンズ氏は、「気候行動緊急機関長グループ」創設者の一人で、「至極簡単な希望だったのだが。先日、タラマラのブッシュファイアで大型消火タンカー機が赤い難燃剤を散布するのを興味深く見ていた。1994年にタラマラで17戸の民家が焼けた時、消防局長としてタラマラも私の管轄下にあった。難燃剤の散布で火勢が一気に衰えた。ここには7機しかないが、私が視察してきたカリフォルニアには30機が一つの火災に出動していた」と語っている。

 さらに「4月に私達が政府と話し合えていたら。また、政府が大型消火タンカー機を北半球からリースしていれば結果は違っていたはずだ」と語っている。

 また、「しかし、政府は私達のグループに対して、2,3週間すれば自然災害緊急管理担当のデビッドリトルプラウド大臣と通知してきただけだった。今起きている災害を4月に予想していたのに政府に聞き入れてもらえず、非常に残念に思っている」と語っている。

 11月14日、NSW州郡部消防局は、「アメリカからDC-10型航空タンカー1機のリースを受ける」と発表している。

 リトルプラウド大臣は、「連邦政府は、全国航空消防センターに年間1,500万ドル近い予算を出しており、現在、更に増額を検討している」と語っている。
■ソース
Former fire chiefs ‘tried to warn Scott Morrison’ to bring in more water-bombers ahead of horror bushfire season

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る