今週の熱波で過去最高気温記録更新

気象庁(BoM)は19日がピークと予報

 気象庁(BoM)の中間データによると、12月17日はオーストラリア全国で過去最高の気温記録を更新した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 12月17日の全国平均最高気温は摂氏40.9度で、2013年1月の摂氏40.3度という記録を更新している。ただし、この新記録も長続きするとは考えられていない。

 大陸内陸部では摂氏45度をはるかに超えている土地もあり、ウードナダッタの摂氏50.7度という記録は当分は安泰だろうが、大陸全般に異常高温が広がっているため、全国平均最高気温が更新されたことは確かだ。

 WA州で発生した熱波が大陸を東に横断しており、今後2,3日でさらに気温が高まっていくことが予想されている。

 昨日の最高気温は、SA州セデュナ:46.5度、QLD州バーズビル:46.1度、NTラジャマヌ:46度、NTラビット・フラット:45.8度、NTジャーボス:45.6度などとなっている。

 国内最高気温記録を持つウードナダッタは18日から20日まで47度前後で、21日には摂氏45度にまで下がる。

 ただし、SA州西部のオーク・バレーは19日に摂氏49度になると予報されている。

 キャンベラはさらに涼しく、21日に摂氏42度まで上がる見込みになっている。

 冷却効果を持つ湿気がないため、今後、夏が深まるにつれて熱が溜まり徐々に高くなっていくことが考えられる他、インド洋上の湿気の流れを決めるインド洋ダイポール(IOD)が、大陸北部のモンスーンの到来の遅れと旱魃にもかかわっている。

 今年は、ポジティブIODが記録的に強まっており、インド洋西部の暖かく立ち上る空気が東アフリカの多雨条件を引き起こし、また、インドのモンスーンの激化にも関わっている。また、オーストラリアの乾燥気象もその結果である。

 ポジティブIODは、モンスーンが南に向けて移動を始めると消えて行くが、クリスマス頃の到来よりもかなり遅れることが考えられる。
■ソース
Australia’s heatwave registers new hottest day on record, BOM says

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る