アナスタシア・パラシェイQLD州首相選挙勝利声明

ティム・ニコルス自由国民党党首、敗北認める

 (訳注:QLD州首相の姓、「Palaszczuk」の発音についてはどのインターネットの姓名発音ウエブサイトでもポーランド語発音として「パラシュチューク」に近い音が一般的だが豪国内ではABC、SBSとも「パラシェイ」と発音しており、ここでもそれに従っている)。

 12月8日、QLD州議会選挙開票結果でアナスタシア・パラシェイ労働党の勝利が確定した。12月12日に州総督によって就任式が行われる。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日夕刻、QLD州選挙管理委員会が全開票結果を発表、労働党48議席、自由国民党(LNP)39議席、カッター・オーストラリア党3議席、無所属、緑、ワンネーションが各1議席となっている。

 勝利確定を受けて記者会見を開いたパラシェイ氏は、「経営者団体、産業団体とも協力して雇用増進を図る。また、政策においては教育と医療を最優先する。州首相として私は全州民のために奉仕する。州民がキッチン・テーブルを囲んで話し合うことがらを私の政府は閣僚テーブルを囲んで解決していきたい。州民の負託を受けたことをまことに名誉と感じている」と語った。また、12日までに全閣僚を指名するとしている。

 また、再任された州首相として、アダニ炭鉱計画に対する国庫からのローンに拒否権を行使することを連邦政府に書簡で伝えることを真っ先に行うとしている。

 パラシェイ氏は、アダニ炭鉱開発に対する国庫ローン反対を選挙公約に掲げて選挙戦に臨んだが、パートナーがプライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)社でアダニ社のローン申請書類作成を手がけていたことが明るみに出され、選挙戦が危うくなっていた。

 QLD州議会は労働党のアナ・ブライ氏が州初の女性首相になったが、一期限りで元ブリスベン市長のキャンベル・ニューマンLNPに敗れ、LNPが90議席以上を獲得、労働党は10議席に満たないというほとんど一党独裁状態になったが、パラシェイ氏率いる労働党が議席を回復して勝利し、今回、女性首相としては初めて選挙で再選された。
■ソース
Queensland election: Labor’s Annastacia Palaszczuk claims victory with at least 47 seats

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る