アンドリュー・ブロード国民党議員、今期限りで引退

香港のデート・サイト利用報道でスキャンダル炎上

 アンドリュー・ブロード国民党連邦議員は、香港出張中にデート・ウエブサイトを利用して若い女性とデートしたことが女性雑誌に暴露され、初めは、「本人と家族のプライベートな問題」としていたマイケル・マコーマック国民党党首もブロード議員をかばいきれなくなった。

 ブロード議員は2019年に予定されている連邦総選挙には出馬しないと発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ブロード議員の発表は、マコーマック連邦副首相が同議員に対して、「進退を見きわめるべきだ」と諭した後で行われた。

 ブロード議員は、「私の私生活がメディアで書きたてられた今となっては、マリー選挙区の住民を代表するのは他の国民党候補に譲るべきだと考えた。国民党VIC州支部長には来年の連邦総選挙では、立候補を取り下げることを決意した」と語っている。

 VIC州最北西部のマリー選挙区は国民党安全地盤の一つであり、2019年早々にもブロード議員に代わる候補者の人選が始まると考えられる。

 12月17日発売の「New Idea」誌は、ブロード議員(既婚、43)が、会議に出席するために香港に出張した際に、「sugar baby」デート・サイトを通して知り合った20歳年下の女性と出会ったと報道しており、Amyと名乗るその女性は、ブロード議員から不適切な行為をされたと主張している。

 ブロード議員は、マコーマック副首相の政務次官を務めていたがそれも辞職している。

 また、報道された事件について連邦警察(AFP)が調査していたがオーストラリアの国法に触れていることはないと発表している。
■ソース
Andrew Broad will not contest next election following dating website scandal

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る