コロナウイルス関係アップデート 2

連邦政府と私立病院が協定

 WA州のマーク・マクガワン州首相は、コロナウイルス経済危機で公共料金が払えなくなった世帯、中小事業所が水道や電気を止められることがないよう経済的援助を行う制度を発表している。

 また、WA州政府は、公立病院を強化するため、人工呼吸器301台、加湿器201台、パルス・オキシメータ4,000個、ICU病床200床など1,500万ドルの臨床設備を注文した。

 連邦政府は、国内一円の私立病院657院と協定を結び、総数34,000床を公立医療機関として利用できるようになる。私立病院は、全国のICUのキャパシティの3分の1を擁しており、コロナウイルス患者は私立公立を問わず、公立医療患者として入院することができるようになる。

 グレッグ・ハント保健相は、「全国で23万件の検査が行われた。コロナウイルス・クライシスに対する取り組みではオーストラリアは世界の先端を行っている。政府と私立病院の協定で、57,000人の看護職員を含め、フルタイム、パートタイム合わせて105,000人の医療職員が国民の健康と生命を守るために働いている。病院は公私立とも柔軟な対応に努力する」と語った。

 連邦のニック・コーツワース副医務官は、「人工呼吸器付きICU病床は2,200床あるが、私立病院を併せると合計4,400床にもなる」と語っている。

 NSW州政府のマーク・スピークマン法務長官は、コロナウイルス・パンデミック宣言以来、DV、家庭内暴力問題の問い合わせが75%増えている。また、一時的な避難宿泊所の需要もかなり大きくなっている。コロナウイルス感染を利用した威嚇などのDVが増えている。被害者支援と加害者追及に全力を挙げるつもりだ」と語っている。

 NSWの最新の社会規制は、正当な理由なく生活している住宅を離れること、また、公共の場で3人以上が集まることを禁じている。ただし、同一世帯内、および、職業上または教育上必要な場合を除く。違反者は最高6か月の禁固、または最高$11,000の罰金を科せられることがある。

 ゴルフ・オーストラリアは、国内のすべてゴルフ・クラブおよび施設を無期限に閉鎖する。また、テニス・コートがオープンしている場合も3人以上の集まりは禁止されており、2人は1.5m以上離れていなければならない。

 コロナウイルスによる経済危機の影響を受ける労働者や事業所への連邦政府の支援制度は総額で2,140億ドルに達している。

 ジョッシュ・フライデンバーグ財相は、「この財政赤字を完全返済するためには何世代もかかるだろう」と語っている。返済は高税と支出抑制によってまかなわれることになる。
■ソース
Coronavirus Australia live news: Six Qantas baggage handlers test positive in Adelaide, new case growth rate slows to 9 per cent

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る