「NSW州のコロナウイルス・ロックダウンは90日間」

「延長求めない」とフラー州警察長官が発表

 NSW州警察のミック・フラー長官は、「コロナウイルス・ロックダウン法は90日間が限度。延長を求めない」と語った。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 4月2日、NSW州のコロナウイルス新感染者発生率が連続して下がっており、グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、これまで最大の感染州だったNSW州の州民が感染を広げないように努力してきたおかげだとして称賛の言葉を語っている。

 4月1日午後8時までの24時間の新患者数は116人、州のウイルス患者総数は2,298人になった。

 さらに、フラー長官は、「市民の外出自粛、公共の場での集まりは2人までという規制を強制する権限を警察官に与えている法律は90日間有効とする考えで、それ以上の延長を求めない。その頃には市民も規制の意味を理解していることと期待している」と語った。

 NSW州のコロナウイルス社会規制法は国内でももっとも厳しく、警察は違反者に$1,000の違反通告書をその場で発行することができる他、裁判所を通せば最高$11,000の罰金および6か月の禁固刑も言い渡すことができる。

 外出の合法的な理由としては、「仕事、学業、食料その他の生活必需品の購入、医療を受けるため、単独または2人での運動」などがある。その他の特例として、「住宅が危険な状態になったため」や「献血」などがある。

 NSW州ではこれまでに108,000人以上の検査が行われており、死者は10人に留まっている。
■ソース
NSW coronavirus lockdown to be lifted in 90 days, police reveal

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る