TAS州北西部でコロナウイルス蔓延2病院閉鎖

病院職員とその家族ら1000人以上を2週間隔離

 TAS州北西部でコロナウイルスの大発生が起きており、州政府は同地域の2病院を閉鎖して消毒処理し、また、2病院の職員とその家族合わせて1,000人以上を14日間隔離しなければならなくなった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ピーター・ガトウィンTAS州首相は、コロナウイルスの大発生のため、バーニーの北西地域病院と北西私立病院を閉鎖することになったと発表した。

 両病院は4月13日午前7時に閉鎖され、徹底的な清浄を行うことになった。

 ガトウィン州首相は、「このようなことになって残念だが、ウイルスとウイルス感染源を叩き潰すためには致し方ない」と語っている。

 州のキャスリン・モーガン=ウィックス保健管区長は、「北西地域病院閉鎖は軽々とは決められないことだった。また、私の知る限り、過去にも一度も行われていない」と語っている。

 北西地域病院の患者はすべてマージー・コミュニティ病院に移されるが、ごく一部の特殊な治療を必要とする患者は必要な設備のある病院に移されることになっている。

 同州政府のセーラ・コートニー保健相は、「がん患者の治療計画についても検討し、継続治療ができるよう患者に連絡した。病院の職員にとっても患者にとってもストレスの大きい作業であり、不安な時間を過ごすことになるが、ウイルスの大発生を防ぎ、これを機会にウイルスを撲滅するためには前代未聞の対策も必要になる」と語っている。

 TAS州の144人のコロナウイルス患者のうち72人が北西部海岸地域で、そのうち43人が病院職員だった。

 また、TAS州では何百人もの人が警察の検問を受け、23人が自宅待機や1.5m社会的距離などの違反で検挙された。
■ソース
Tasmania to close two hospitals to ‘stamp out’ coronavirus outbreak in the north-west

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る