コロナウイルス関係アップデート ② 5月11日

全国の検査件数が85万5,000人で陽性者激減

 WA州は信用性者発生ゼロで陽性者総数は552人、そのうち今も症状が続いている患者は7人、入院患者は4人でそのうち1人だけがICUで治療を受けている。

 そのため、州政府に対しては、「困苦しているビジネスのために社会規制を緩和すべきだ」とする圧力が高まっている。

 マック・マクガワン州首相が5月10日にコロナウイルス関係最新情報を発表し、その際に、「5月18日より、喫茶店、バー、レストラン、パブの営業を再開するが、店内の客数は一時に20人まで、また客1人あたりのフロア面積は4平方メートルとする規制は続けられる」と語った。また、ヘアドレッサーも営業を再開できることになった。

 コールズ、ハングリー・ジャック、ウールワースなどがそれぞれの自社のウエブサイトで「COVIDSafe」appをダウンロードしようと呼びかけるキャンペーンを進めており、コールズ、ウールワースの場合、4月末に両社で全国20万人を超える従業員に政府配布のコロナウイルス追跡appのダウンロードを奨めている。

 連邦政府のマイケル・キッド副主席医務官は、国内の検査人数が100万人に近づいている現在、「油断と人混みを避けること。もし、どこかで混雑が発生するようになればウイルスが再び蔓延するリスクが極めて高くなる」と警告している。

 また、「COVIDSafe追跡appのダウンロード回数も550万回に達しており、今後もダウンロードを続けてもらいたい。また、症状があれば家に閉じこもっているよう」にと呼びかけている。

 全国では85万5,000人の検査が終わっており、49人が今も入院中で、16人はICU、そのうち14人が人工呼吸装置をつけている。

 スティーブン・マーシャルSA州首相は、「今年の州財政はコロナウイルスで甚大な影響を受けているが、まだ規制が続いている間はその全容もはっきりしない。また、財政赤字がどの程度になるかは連邦から返ってくるGST還付金の多寡による」としている。

 また、今年の予算は州民全体にとって厳しいものになることが予想される」と語った。
■ソース
Coronavirus updates LIVE: Daniel Andrews to ease COVID-19 restrictions on Victoria from Wednesday as NSW, QLD students return to classrooms, Australian death toll stands at 97

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る