ラジオ・パーソナリティのアラン・ジョーンズ、引退を発表

35年間数々の訴訟敗戦歴を残し、ドクターストップ

 2GBAM放送で保守派ラジオ・パーソナリティとして固定ファンのあったアラン・ジョーンズ氏(79)が、ドクター・ストップがかかったとして、5月末をもってラジオ番組を引退すると発表した。

 番組スロットはジョーンズ氏よりは中道寄りのベン・フォーダム氏が引き継ぐ予定になっている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ジョーンズ氏は2001年以来朝のラジオ聴取者電話番組で常に聴取率トップの座を維持してきたが、毎朝の番組を引き受ける激務が健康を害しているとの医者のアドバイスで引退を決意したと語っている。ただし、今後もスカイ・ニューズやニューズ・コープ社の新聞には執筆すると発表している。

 35年の間、ラジオ界だけでなく、政界にも勢力を誇り、聴取率を後ろ盾にしてジョーンズ氏の番組に呼ばれて断った政治家は保守連合労働合わせてもほとんどおらず、有名なところではマルコム・タンブル元首相が出演を断っているが、ジョーンズ氏は気難しい上に物覚えがいいことでも知られている。

 ジョーンズ氏はまた何度も名誉毀損訴訟やラジオ電波の不正使用で破れており、番組で商品を激賞したが、その商品のメーカーが番組スポンサーだということを明示しなかったことでメディア管理機関のACMAから処分を受けている。また、クロヌラ人種暴動の際には、自分のラジオ番組でシドニー都市圏の白人青年層を煽動、反レバノン人暴動に加担したことで有罪とされている。さらに、2010/11年のQLD州の大水害では、ロッキヤー・バレーの洪水を地元有力者一家のダムが原因としてラジオで激しい攻撃をした結果、地元のワグナー一家がジョーンズ氏を名誉毀損で訴えた。2018年、ジョーンズ氏は全面的に敗北し、AM放送局の2GB、4BCとともに375万ドルの賠償金支払いを命じられている。最近ではジョーンズ氏がニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相を非難する発言をした結果、番組スポンサーが続々と離れていった。

 それでも、226か月にわたり聴取率トップの記録を誇っている。

 ジョーンズの引退表明で与野党政治家、メディア界などから賛辞が寄せられている一方で、「彼の引退を祝う人も多いだろう」とされている。
■ソース
Alan Jones to retire as 2GB radio breakfast show host after doctors told him to quit, Ben Fordham to take over

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る