コロナウイルス・ロックダウンで苦境の海外留学生

NSW州が2,000万ドルの援助プログラム発表

 オーストラリアが国境を閉鎖した時、スコット・モリソン連邦首相は、「海外留学生は1年間自分で生活できる経済力が留学の条件のはず。生活に困るようなら国に帰りなさい」と発言、オーストラリア第3位の輸出産業である海外留学生がコロナウイルス蔓延と政府のロックダウンで困難に陥っても連邦政府は援助する意図がないことを明らかにしている。しかし、現実には海外留学生に時間を限って認められているカジュアル雇用も減り、既に学費も払っており、しかも、国に帰るフライトもない状態で困難に陥っている海外留学生は多い。

 NSW州はコロナウイルスのために困難に陥っている海外留学生の救済プログラムに2,000万ドルの予算を計上した。

 SBS放送(電子版)が伝えた。

 救済プログラムにはホームステイや学生下宿などの臨時宿泊施設、法律援護、新規海外留学生ホットラインなどが計画されている。ホットラインは、毎日24時間無休でレンタル、医療、法律、精神衛生援助などに関する相談窓口になる。

 これまで、コロナウイルス蔓延下の海外留学生専門の援助対策を持たなかったのはNSW州だけだった。また、NSW州の援助予算は他州に比べても小さく、VIC州では4,500万ドルの予算を計上しており、また、コロナウイルス蔓延のために失職した留学生には$1,100を上限とする現金支給の制度もある。

 全豪海外留学生連合のオレナ・グエン氏は、NSW州政府の留学生支援制度を歓迎するが、VIC州の精度のように現実に経済的に困っている留学生に対する現金支給などの制度が必要だと語っている。

 SBSのインタビューに答えて、グエン氏は、「必要なのは住宅だけではなく、食事その他生き延びるためだけでもお金がかかる。現実に海外留学生は経済的に困難にある」と語っている。

 現在、国内には565,000人の海外留学生が生活しており、失職した者も多いが、連邦政府のJobKeeperもJobSeekerも適用されず、他に生活援助の制度がないのが現実だ。

 州政府のジェフ・リー技能高等教育担当大臣は、「パートタイムの仕事を失った留学生は多く、自分の国に帰ることもできず、連邦政府の支援プログラムを受ける資格も持たない」と語っている。

 野党労働党のクレイトン・バー高等教育担当影の大臣は、「自分の子供が海外に留学していて、国境が閉鎖されているために帰ってくることもできなければ、留学先の国が子供の援助に努力することを期待するのではないか」と語っている。
■ソース
Questions raised over NSW $20 million support package for international students

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る