コロナウイルス感染経路を追跡することは不可能

VIC州の新感染者の1人は抗議行動に参加

 6月11日、VIC州の新陽性者は8人を数えたが、そのうち、30代の男性1人が先週末の「Black Lives Matter」抗議行動に参加していたことが判明した。ただし、6月6日の抗議行動で感染してすでに陽性が出ることは考えられず、抗議行動参加の時点ですでに感染していたとみられることから、6日当日に男性が一次感染者になっていた可能性が懸念されている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 VIC州政府のブレット・サットン主席医務官は、「大規模な集会参加で男性がウイルスを広めた可能性もあるが後1週間待たなければ結果は分からない」と語っている。

 スコット・モリソン連邦首相は、社会規制に違反して集会に参加した者は全員逮捕処罰すべきだと発言している。

 一方、サットン主席医務官は、「陽性者の濃厚接触を追跡することは不可能という可能性もある」と語っている。

 また、「男性は抗議行動参加時にはマスクをしていたが、参加後24時間で症状が現れた」と語っており、集会で他の参加者に感染させた可能性もあるとしている。

 男性がスマホにCOVIDSafe appをインストールしていたかどうか、また起動させていたかどうかについては不明としており、もし、appが動作状態になっていなければ、男性が他の人に感染させたかどうかを追跡する手段は全くないと語っている。

 VIC州では他にも幼児を含めて7人が陽性と判定されている。

 サットン教授は、「6月6日の抗議行動で感染者が出たとしても10日から14日経たないと明らかにならない。集会が屋外だったことやマスクをしていたことで感染のリスクはかなり低いだろうがまったくないとは言えない。70%から80%の人は自分で感染していても他人を感染させることはないが、20%から30%の人は周囲の複数の人を感染させることがある」と語っている。
■ソース
‘May be impossible’ to trace contacts of Black Lives Matter protester with COVID-19

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る