VIC州、コロナウイルス新陽性者108人を記録

メルボルン市で公営高層住宅9棟厳重封鎖

 7月4日、ダニエル・アンドルーズVIC州首相は、同日までの24時間で108人が新たに陽性と判定された。この数は3月以来2番目の高い数字で再び以前のような大量発生が続くことが懸念されている。

 一方、クラスターになっているメルボルン市内北部と東部の地区で公営高層住宅建物9棟のロックダウン措置に踏み切った。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 このロックダウンは「厳重ロックダウン」とされており、7月4日24時から、アパートメント・ビルディングをそっくりそのままロックダウンし、多数の警察官を配置して住民の出入りを検問することになっている。期間は5日から14日となっている。

 アンドルーズ州首相は、「インナー・メルボルンのフレミントンとケンジントン(郵便番号3031)とノース・メルボルン(郵便番号3051)両地区にある公営高層住宅の12世帯以上で少なくとも23人の陽性者が発生している。9棟には1,345世帯が入っており、住民人口は3,000人ほどにもなる」と語っている。また、108人のうち、20人あまりがこの9棟で発生している。

 ステージ3社会規制で新しく追加される2地区の住民は、通勤通学、運動、医療・介護、日常必需品購入の4つの理由でのみ外出を許されるが、厳重封鎖を受ける上記の公営高層住宅住民はどんな理由でも外出を許されず、また、厳重封鎖は4日午後4時のアンドルーズ州首相の発表と同時に実施されている。

 公営高層住宅の存在は、コロナウイルス・パンデミック発生時からウイルス感染リスクの高い人口稠密地区として懸念されており、州のアナリース・ヴァン・ディーメン副主席医務官は、「何百人もが一つの建物内で生活しており、これは少数の人の問題ではなく、何百人もの人がウイルスにさらされており、いついかなる時でも発症してもおかしくない状況だ。ともかく、高層住宅内の感染者をできるかぎり見つけ出すことだ」と語っている。

 警察は500人以上の警察官を動員し、昼夜交代で9棟の住民の外出を規制することになっている。
■ソース
Victoria coronavirus cases rise by 108 as Daniel Andrews strengthens lockdown at nine public housing estates

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る