QLD州で新たに2人が陽性と判定される

VIC州を除くすべての州・準州に州境開放

 7月10日付でQLD州がVIC州を除くすべての州、準州を対象に州境閉鎖を解除したが、QLD州に入る車が急増している。一方、州境ではコロナウイルス検査やVIC州民の入域を阻止する検査が続けられている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 QLD州の新陽性者2人はいずれも海外から帰国した豪軍将兵で帰国時から自己隔離している。この2人で同州の累積陽性者数は1,070人になる。

 今後もQLD州入域を禁止されるのは過去14日以内にVIC州に居た者だが、VIC州からQLD州内に帰宅するQLD州民および特別許可を得た者はその限りではない。

 州政府のマーク・ライアン警察相は、「QLD州と他の州、準州との州境では今も警察官が検問しており、交通の流れは滞っていないが、できればオフピークに州境を通過すればスムーズに走ることができる。7月3日以来31,000台の車を検査し、1,500台の入域を禁止した」と語っている。

 カタリーナ・キャロル警察長官は、「追い返された車は州境申告書に虚偽の記載をしたと疑われており、中には最近にVIC州を訪れていた疑いがある」と語っている。

 トム・テート・ゴールドコースト市長は、「市内のホテルの客室稼働率はすでに75%を超えるまでになっている。ホテルの収支がトントンになるのは客室稼働率が35%程度だから、ゴールドコーストのビジネスはすでに利益を出し始めている」と語っている。

 また、州境が車で渋滞していることについて、「状況は承知しているが、これは逆に考えれば、車がやっと来なければ観光客もいないのであり、チェックインする時には根拠よく待ってもらいたい」と語っている。
ソース
Coronavirus border checks continue as two more cases recorded in Queensland

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る