VIC州の新陽性者数ピークを過ぎ死者依然増加

社会規制緩和を決める「マジック・ナンバーなし」

 8月10日、ダニエル・アンドルーズVIC州首相は、「過去24時間のコロナウイルス新陽性者数322人、死者19人」と発表した。。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 新陽性者数は過去12日間で最低の数字になっており、厳しい社会規制の効果が出始め、ようやくウイルス感染の勢いがピークを過ぎたことを示しているが、重篤な患者は何日間かの闘病生活の後に亡くなるため、新陽性者数とは遅れて推移することから、死者数は3月中旬のパンデミック宣言以来最高の数字になっている。

 また、アンドルーズ州首相は、新陽性者発生が鎮静化に向かっているとしながらも、1週間前に始まったステージ4社会規制の影響というにはまだ早すぎると警戒し、「誰でもこの規制がいつ終わるのか知りたがっていることはよく分かっているし、その気持ちは理解できる。また、この先どいういうになるのか知りたい気持ちもよく分かるが、新陽性者が何人にまで下がれば規制を緩和するのかというそのマジック・ナンバーは存在しない」と語った。

 アンドルーズ州首相は、ジェニー・ミカコス保健相、ブレット・サットン主席医務官らと、8月11日の州議会調査委員会でコロナウイルス・パンデミック対策について証言することになっており、10日には、「規制緩和は、今後何週間かのうちに公衆衛生班がデータを分析した上で決めることになる」と語っている。

 州厚生省は、濃厚接触者12,000人の観察を続けている上に毎日2,500人ほどの新しい濃厚接触者を発見している。10日に州首相府が発表した接触追跡情報によれば、2400人の接触追跡チームが膨大な作業をこなしており、州厚生省が新陽性者の情報を受け取ってから濃厚接触者に通知が行くまでに48時間かかるというケースは1%にも満たず、また7月29日から8月9日までの間に濃厚接触者に電話通知した数は15,000件近くに上る。

 しかし、感染源のつかめない「謎の感染」が新たに105件も見つかっており、アクティブな患者7,869人のうち2,683人の感染経路が謎のままになっている。また、高齢者施設関係も1,756人と大きな数字になっている。

 死者19人のうち14人は高齢者施設関係で、年齢別に見れば、50代の男性1人、60代の女性1人、70代の男性2人、80代の男性1人、女性6人、90代の男性1人、女性7人となっている。また、47人がICUに収容されており、そのうち31人が人工呼吸器につながれている。その他に640人が入院治療を続けている。
■ソース
No ‘magic number’ to decide when restrictions ease, as Victoria records 322 new cases and 19 deaths

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る