NSW州、新陽性者22人、4月中旬以来の高さ

タンガラ女子高校のクラスター17人に

 8月11日、グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、同州で新たに22人が陽性と判定されたと発表している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 22人という数字はNSW州の数字としては4月16日の29人に続く高さで、ベレジクリアン州首相は、「22人のうち8人はチェリーブルックのタンガラ女子高校のクラスター関連だった」と語っている。

 8月10日、NSW州保健局は、タンガラ女子高校クラスター関連で新たに9人の陽性者が出ていると発表している。また、ブラッド・ハザード保健相も、「タンガラ女子高校クラスターの感染者は17人になった。このクラスターの感染源はまだ調査中で接触追跡を続けている」と語っている。

 さらに、「現在の調査で同校のクラスターがどのように展開したかを明らかにできると思うが、感染源を決定することはいつも可能というわけではないし、今回もそれが一番の気がかりだ」と語っている。

 州首相は、「22人のうち4人は海外帰国者でホテル隔離中の検査で判明した。また、2人はVIC州で感染したものだ。私達は警戒を怠ることはできない。現在、NSW州はきわどい状態にあり、私達は気を緩めることはできない」と語っている。

 さらに、ペンリス市の高齢者施設、ニューマーチ・ハウスで起きた大量感染死亡事故について、州保健局と連邦政府の間で電子メールのやりとりがあり、施設のコロナウイルス患者を病院に移すようにという連邦政府に対して、州保健局が抵抗していたことが明らかにされた。この保健局の対応について、ベレジクリアン州首相は、「高齢患者をすべて病院に移すというのすべての患者に適用できるものではない。個別患者のニーズに合わせた看護が必要であり、入居者の中には施設から移すだけでも心理的なストレスを受ける人がいる」と語り、州保健局の対応を擁護している。
■ソース
NSW records 22 new coronavirus cases, Premier Gladys Berejiklian confirms

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る