NSW州、新陽性者12人、死者1人

州の通算感染者3,738人、死者53人

 NSW州政府は、ICUで治療を受けていた80代の女性が死亡した。3月中旬のパンデミック宣言以来同州の死者は53人にのぼると発表した。また、オーストラリア全土の死者は361人にのぼっている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 また、過去24時間に新たに12人が陽性と判定された。うち5人はNSW州への帰宅者でホテル隔離中の検査で陽性と判定されたもの。3人は感染源不明の市中感染者。また、4人は感染源が判明している市中感染者と発表されている。

 NSW州保健局のクリスティーン・セルビー氏は、コロナウイルス感染死亡した女性は、Our Lady of Lebanon教会クラスターの患者だったとして、家族、友人、教会関係者に哀悼の意を表した。

 また、Our Lady of Mercy Collegeクラスター関連の感染者1人は、8月7日、コロナウイルス感染力のある時期にリバプールのウェストフィールドを訪れていた他、8月8日にはウェザリル・パークの5th Avenue Beauty Barも訪れている。同日にこれらの場所を訪れていた人はカジュアル接触と考えられ、症状に注意するよう呼びかけが出ている。

 ケリー・チャント主席医務官によると、タンガラ女子高校クラスターは19人にのぼっており、感染源について調査が進められているが、シドニーの南西100km、バーゴのエレメラン・ヒルズ・スタディ・センターの祈りにこもった生徒が感染していることがほぼ突き止められている。

 センターは現在閉鎖されており、職員は全員陰性と判定されている。

 また、タンガラ女子高校クラスター関連の2人が8月8日に州南部海岸地域のハスキッソンのウィルジンジャー・レストランを訪れている。このレストランも現在は閉鎖されているが、同日にレストランにいた客、従業員全員に14日間の隔離と検査が命じられている。

■ソース
NSW coronavirus death toll rises to 53 after woman in intensive care dies

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る