NSW州、新陽性者5人、同州54人目の死者

タンガラ女子高校クラスターで新たに3人

 8月16日、NSW州保健局は、州内に潜伏するコロナウイルスによる市中感染を根絶するため、州民に検査を受けるよう呼びかけている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 過去24時間、同州では新たに5人が陽性と判定されたが、そのうち3人はチェリーブルックのタンガラ女子高校のクラスターで、同クラスターの感染者は25人にのぼる。他の1人はシドニー西部の40代の男性1人とその濃厚接触者1人と発表されている。また、80代の男性1人がコロナウイルス感染と判定され、亡くなっているが感染経路などは明らかにされていない。これまでの同州のコロナウイルス死者は54人になった。

 また、シドニーの3店を含むレストラン4店に新たに警報を発した。

 NSW州では7月12日に新陽性者5人と報告されているが、その直後にクロスローズ・ホテルから大発生し、最終的に58人の大クラスターになった。

 シドニー女子高校も生徒1人がコロナウイルス陽性と判定されたため、学校閉鎖してディープ・クリーニングに入ることになった。同校は教育省と協議の上、校内での濃厚接触者を確定する作業に入っているが、職員、生徒全員に自己隔離指示が出ている。

 15日夜、シドニー市内ダーリング・ハーバー付近で警察がパーティ・バスを停めたところ、43人が乗っていたため、バス催行業者に$5,000の罰金を科した。警察発表によると、バスには酩酊した未成年も数人乗っていた他、17歳の女子1人をコカイン所持で逮捕した。

 州保健局が警報を発したレストランは次の通り。コンコードのCrust Pizzaで8月6,7日両日の午後。ローズ・ベイのDen Sushiで、8月8日の午後。ダブル・ベイのCafe Peronsで8月8日昼間。ボウラル、ミルトン・パーク・カントリー・ハウス・ホテル&スパ内のHorderns Restaurantで8月2日夜となっている。この時間帯にこれらの店にいた者は症状に注意するよう呼びかけが出ている。また、8月15日にはシドニー西部スミスフィールドRSLのChopstix Asian Cusineレストランでも従業員2人の患者が発生しており、7月31日から8月9日までの間に同店を訪れた客は症状に注意するよう呼びかけが出ている。
■ソース
NSW man in his 80s dies after contracting COVID-19, becoming the state’s 54th fatality

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る