VIC州、コロナウイルス新陽性者282人、死者25人

「まだまだ厳しい日が続く」とアンドルーズ州首相

 8月17日、ダニエル・アンドルーズVIC州首相は、新たに282人がコロナウイルス陽性と判定された。また、死者は25人にのぼったと語った。1日のコロナウイルス感染症死者としては3月中旬のパンデミック宣言以来最大の数字。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 死者25人のうち22人は高齢者施設関連で、年齢内訳は60代の男性1人、70代の女性4人、男性3人、80代の女性6人、男性4人、90代の女性4人、男性3人となっている。これまで、同州の1日の死者数最高は8月12日の21人だった。

 ただし、このコロナウイルス第二波が鎮静に向かう兆しとして、2日連続で新陽性者数が300人を下回っている。ただし、アンドルーズ州首相は、気の緩みで再び蔓延がぶり返すことを警告している。

 VIC州は1日の新陽性者数は徐々に下がっているが、死者数は依然として上昇傾向にあり、アンドルーズ州首相はこの傾向は当分続き、「まだまだ厳しい日が続く」と語っている。

 また、アンドルーズ州首相は、「郡部のアクティブな患者数は436人とかなり減っている。またその半数あまりがジーロン、ベンディゴ、バララットなど郡部中心都市で、その3都市では検査を増強して対応している。

 コロナウイルス入院患者数は比較的安定しており、現在は657人となっている。そのかなりの部分が高齢者施設から病院に引き取られた入居者で、アンドルーズ州首相は、「重態で長期入院の患者が大勢いる。そのため、残念ながらこれからも死亡者数は大きな数字が続くだろう」と語っている。

 入院患者の内ICUに収容されているのは44人で、32人は人工呼吸器を着けている。

 また、接触追跡システムでも感染源が突き止められていない「謎の感染」は148人増え、総計3,626人となった。一方、医療従事者関連のアクティブ症例は1,164人から1,064人に減っている。

 高齢者施設関連のアクティブ症例は2,075人から1,999人に減っている。
■ソース
Victorian coronavirus deaths rise by 25 as Premier Daniel Andrews warns of ‘incredibly difficult’ days to come

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る