NSW州、8月25日の新陽性者6人

うち5人は感染源不明の市中感染

 グラディス・ベレジクリアンNSW州首相は、「8月24日午後8時から25日午後8時までの24時間の新陽性者は6人。また、シドニー市内でもいくつかのビジネスが影響を受けている。新陽性者の数は少ないがまだ危険を抜け出したとは言えない」と発表した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 シドニー都市圏でコロナウイルス感染が発生した3校が学校閉鎖されている。また、感染者の1人はバス運転手訓練生だが感染リスクは低いと考えられている。

 6人のうち、ホテル隔離中の海外帰国者は1人だけであり、他の5人が感染源不明の市中感染とあって懸念されている。

 8月25日、シドニーでは感染者が勤務したり、立ち寄ったところとしてジョージ・ストリートのオフィス高層ビル、ピット・ストリートのジム、ブロードウェイのアップル・ストアの社員や利用客には症状が出れば検査を受け、自己隔離するよう警告が出された。

 ケリー・チャント州主席医務官は、「バス運転手訓練生が感染力のある時期に勤務したがマスクを着用していており、感染のリスクは低い」と発表している。また、新陽性者のうちの2人がシドニー市内のタターソルズ・フィットネス・クラブを利用しており、同施設従業員や利用客にも症状があれば検査と自己隔離が呼びかけられている。

 新陽性者は、シドニー都市圏西部に住む男女、シドニー南東部に住む60代の男性と40代の女性、シドニー中心部に住む30代の女性となっている。

 また、25日午後8時を過ぎてから高校生1人が陽性と判定されており、数字は明日発表分に加算される。他に生徒3人が疑われていたがいずれも陰性と判定された。
■ソース
Five mystery coronavirus cases confirmed in NSW

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る