シドニー都心部クラスター拡大続く

8月30日、新たに7人が陽性判定

 8月30日、NSW州のジェレミー・マカナルティ副主席医務官は、「新たに7人が陽性と判定され、また、シドニー都心部クラスターも拡大しており、現在、28人がこのクラスターと判定されている」と語った。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 シドニー市内ピット・ストリートのタターソルズ・クラブ・ジムのクラスターは同日現在28人に達しており、30日の7人のうち5人が同クラスター関連で、そのうち1人はこれまでに突き止められている感染者と同世帯者。また2人はクラブを訪れていた。また、残りの2人のうち1人はホテル隔離中の海外帰国者、1人は感染経路が不明で現在調査中となっている。

 そのため、NSW州保健局は、クラブ・フィットネス・センター出入りの日時を拡大し、8月19,21両日と23日から25日の期間にセンターを訪れた者、8月4日から18日までの間にクラブを訪れた者全員の受検と自己隔離を呼びかけている。

 シドニー都市圏西部グレイステインズ地区のSt Pauls Catholic Collegeは8月31日に休校してディープ・クリーニングを行う予定にしている。

 また、シドニー市内ブロードウェイ・ショッピング・センターのホームウエア・ストアを訪れた買い物客がコロナウイルス陽性と判定されたため、30日には休業し、ディープ・クリーニングを行った。

 感染経路が疑われるその他の施設: Virgin Active Pitt Streetジム、Virgin Active Margaret Streetジム、The Highfield Caringbahバー、The Caringbah Hotelなどとなっており、これらの施設に出入りしている人は症状に注意が呼びかけられている。

 NSW州ではこれまでに3,851人が陽性と判定され、現在、66人が入院して治療を受けており、そのうち6人はICUに収容されており、3人が人工呼吸器を着けている。
■ソース
Sydney CBD cluster continues to grow, with 28 COVID-19 cases now linked to outbreak

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る