VIC州、ロックダウン解除の道程は9月6日に発表

新陽性者73人、死者は集計報告の遅れで41人に

 ダニエル・アンドルーズVIC州首相は、メルボルンのロックダウン解除の道程を9月6日に発表すると語った。また、過去24時間の新陽性者は73人と再び100人を下回る数字になっている。一方、死者は41人としているが、これは7月以来、高齢者施設で集計報告の遅れがあったためとしている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH、電子版)が伝えた。

 アンドルーズVIC州首相は、「これからの1週間の動向が非常に重要になる。今はまだ道程を決めるのには早すぎる」として、ロックダウン解除の道程については明らかにしなかった。

 また、ブレット・サットン主席医務官は、9月6日道程を発表するまでには1日の新陽性者数が40人程度になっていることを希望していると語っている。

 VIC州保健省によると、この日のコロナウイルス感染死者数は、8月27日までの何週間もの期間の総数であり、また、8月30日に複数の高齢者介護施設が同省に提出した報告をまとめたものと伝えている。

 これまでも州のコロナウイルス感染死者総数が改訂されたことはあるが、今回は過去の報告遅れが相当な数にのぼっており、これほど大幅に改訂されたのは初めてのこと。

 死者の年齢別内訳は70代の男性3人、女性4人、80代の男性7人、女性10人、90代の男性3人、女性13人、100歳代の女性1人となっており、少なくとも37人が高齢者介護施設の関連となっている。

 また、サットン主席医務官は、「高齢者介護施設での過去の死者数が8月31日になって遅れて報告されたのは、州と連邦の報告制度の報告義務や食い違いが是正されたためと語っている。

 さらに、「患者が亡くなったのは悲しむべきことだが、毎日のように新陽性者が減っていることは政府の対策が効果を上げていることを示している。死者41人のうち、33人は過去24時間の死者数ではなく、7月下旬にまで遡る数だ。いくつかの高齢者介護施設はまだ過去の死者をすべて報告し尽くしていないため、今後も数字が出てくると考えられるが、41人という数になるとは予想していなかった」と語っており、また、「この死者はすべて施設が把握していた数字であり、当然ながら入居者の家族も知っていた。しかし、これほどの死者数を見ることは痛ましい思いだ。高齢者がどれほど疾病に弱いかを示す数字だ」と語っている。

■ソース
Premier set to unveil COVID-19 road map out of lockdown on Sunday

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る