マラリア治療薬、国内医療従事者対象に治験

コロナウイルス予防にトランプ米大統領が服用

 ヒドロキシクロロキンは、抗マラリア薬として予防、治療双方に使われているが、その他にも、全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚エリテマトーデス、関節リウマチ、小児リウマチ、膠原病の症状改善にも用いられている。この薬がコロナウイルスの症状軽減に有望との説が出されており、オーストラリアでも医療従事者を対象に治験が始められることになった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 ドナルド・トランプ米大統領はこの薬をコロナウイルス症状軽減ではなく、予防として服用しており、オーストラリアの治験でも予防効果を試すことに重点が置かれている。

 これまでいくつかの病院での治験ではコロナウイルス発症患者の症状軽減や快復までの期間短縮などの効果があったとする結果と効果がなかったとする結果が出ている。ただし、トランプ大統領の主張するような予防効果はまだ実証されていない。

 治験を主導する、メルボルン所在の「Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research」のリウマチ研究者、イアン・ウィックス教授とマーク・ペレグリニ客員研究員は、オーストラリア全土から、「ハイ・リスク」医療従事者2,250人を募り、半数にはヒドロキシクロロキンを毎日、4か月連続投与し、半数には糖を成分とする偽薬を同期間投与し、ヒドロキシクロロキンのコロナウイルス予防効果を調べることになる。

 実験室ではヒドロキシクロロキンがコロナウイルスが細胞内に入るのを阻止することが実証されたが、米食品医薬品局(FDA)は、安全性や効果が実証されていないとして、この医薬を病院や臨床治験以外でコロナウイルスに用いないよう警告している。

 2020年3月にトランプ大統領が、「ヒドロキシクロロキンはコロナウイルスに対する特効薬になる可能性がある」とツイートしており、「米政府が大量に購入した、また一時はヒドロキシクロロキンが市場から姿を消した」などの報道があった。

 ABCラジオ放送のインタビューに対して、ペレグリニ教授自身は、「この医薬が効果があるという確かな証拠はまだない。また、この医薬は適当に服用すればいいというものではない。試験管の中では効果があっても、現実の人間にそのまま効くとは限らない」と語っている。

 ヒドロキシクロロキンは比較的安全な医薬とされていても、様々な副作用も報告されており、素人が手に入れて服用するものではない。
■ソース
Coronavirus drug hydroxychloroquine, used by Donald Trump, to be trialled by Australian health workers

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る