2019年メルボルン・カップ、Vow And Declare優勝

オーストラリア馬の優勝は2009年のShocking以来

 2019年11月5日、メルボルンのフレミントン競馬場で第159回メルボルン・カップが開催され、10年ぶりにオーストラリア馬が優勝した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 今年のメルボルン・カップでは、ダニー・オブライエン調教のVow And Declareが優勝した。2009年のメルボルン・カップでShockingが優勝して以来、オーストラリア勢はふるわなかった。

 クレーグ・ウィリアムズの乗るVow And Declareは、2着のMaster Of Realty、3着のPrince of Arranと鼻の差で優勝、4着にはIl Paradisoが入っている。

 ウィリアムズ騎手は、「今日、Vow And Declareに乗ることができて名誉だ。難しい枠順を引き当ててしまったが、この馬を信用することにした。こんな素晴らしい馬と仕事することができたのは非常に素晴らしいことだ。また、このような機会に恵まれて非常に感謝している」と語っている。

 オブライエン調教師は自分の調教した馬がラインを通過した時にはショック状態になり、「本当に信じられなかった。メルボルン・カップに出場できるような優れた馬を調教する任務を与えられたことは非常な名誉だし、クレーグが申し分のない手綱さばきをしてくれたことは素晴らしいことだ。最後の百ヤードでも譲らず、頭を突き出してラインを通過した。今、こうやってメルボルン・カップ優勝の栄誉を手にすることができた」と語っている。
■ソース
2019 Melbourne Cup won by Vow And Declare

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る