WA州の熱波の東進で国内各地が記録的高温に

各地で12月の最高気温記録の更新も予想される

 WA州パース市周辺で熱波が成長しており、この熱波が東に移動し始めているため、来週には国内各地で12月の最高気温記録を更新することが予想されている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 パース市地域では12月としては未曾有の熱波を体験しており、12月14日まで連続で摂氏40度近い気温が続くものと予想されているが、気象庁(BoM)は、「16日頃から寒冷な空気が入り込み、熱波を成長させていた高温の気団が東に向けて大陸を横断し始めることが予想される」と発表している。

 BoMの気象学者、ダイアナ・イーディ氏は、「来週になると信じられないほどの高温気象が予想され、大陸南部の各地で記録更新があるだろう」と発表している。

 また、「SA州ウードナダッタの摂氏50.7度の記録が塗り替えられることも考えられる」と発表している。

 さらに、「各地で12月の最高気温記録が更新されるばかりでなく、来週後半には、オーストラリア全土で過去の最高気温記録を塗り替えることになるだろう」と発表しており、「一日に各地で最高気温が記録されたすべてを合わせた最高気温記録というのは、2013年1月7日の摂氏40.3度以来。
■ソース
Australia could see hottest day on record next week as Perth heatwave conditions travel east

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る