英王子一家帰国の途につく

アンザック・デー式典出席後

 4月25日、イギリス王室のケンブリッジ公爵ウィリアム王子とキャサリン王子妃はキャンベラで99年目のアンザック・デー記念式典に出席の後、息子のジョージ王子を伴い、キャンベラのフェアバーン空軍基地からイギリスへの帰国の途についた。

 3人は、トニー・アボット連邦首相、ピーター・コスグローブ新連邦総督、ビル・ショーテン労働党党首、ケイティ・ギャラガーACT主席大臣らに見送られ、タラップを上った。ごく少数の見物人もフェンスの外から見送ったと報道されている。(NP)

 幌北学園 blancpa Travellers Medical Service novel-coronavirus nichigowine 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る