熱帯性サイクロン「ラム」北部準州に

移動しながらカテゴリー4まで成長も

 ケープ・ヨーク半島の東海上に発生した熱帯性低気圧は半島を越えてカーペンタリア湾北部を西に移動しながら熱帯性サイクロン「ラム」に成長、2月18日、19日にはカテゴリー4の強力なサイクロンがアーネム・ランドに上陸することが予想されている。

 2月17日付ABC放送(電子版)が伝えた。
 ヌランバイやグルート・アイラントなどアーネム・ランド地域の中心地の住民には強力なサイクロンに警戒を怠らないよう北部準州(NT)政府から呼びかけが出ている。

 NT気象庁(BoM)のトッド・スミス局長が午後5時に記者会見を開き、「ヌランバイでは18日朝から突風が吹くと予想される。また、早ければ18日夕刻にはゴブ半島北東部で瞬間風速時速170kmを超える強風が吹き荒れると予想される」と語り、さらに、「長期予想では、サイクロンがそこから南に転じ、カーペンタリア湾海上を移動するのか、それとも『トップ・エンド』と呼ばれるアーネム・ランド北東端に上陸するのかがまだはっきりしない」と予想している。

 17日午後7時52分にはBoMが、マニングリダからケープ・シールドにかけての地域にサイクロン警報を発令した。発令地域は24時間以内に突風が吹き始めると予想されている。また、ゴルバーン島からマニングリダ、ケープ・シールドからポート・ローパーにかけての地域では48時間以内に突風が吹き始めると予想されるサイクロン・ウォッチが発令された。最新の台風進路図では、ラムは、さらに西進を続けてから南に転じる見通しが強くなっている。

 NT緊急救援局のアンドリュー・ウォートン局長が、「台風の進路にある町や村も台風に備えてもらいたい。ラジオの気象予報などを逃さず、またラジオで避難命令が下るまで住民は避難センターに駆け込まないようにしてもらいたい」と発表している。(Ratei)
■ソース
Tropical Cyclone Lam heads for NT, expected to reach category four

http://www.abc.net.au/news/2015-02-17/tc-lam-heads-for-nt-expected-to-reach-category-four/6132034 ケープ・ヨーク半島の東海上に発生した熱帯性低気圧は半島を越えてカーペンタリア湾北部を西に移動しながら熱帯性サイクロン「ラム」に成長、2月18日、19日にはカテゴリー4の強力なサイクロンがアーネム・ランドに上陸することが予想されている。

 2月17日付ABC放送(電子版)が伝えた。
 ヌランバイやグルート・アイラントなどアーネム・ランド地域の中心地の住民には強力なサイクロンに警戒を怠らないよう北部準州(NT)政府から呼びかけが出ている。

 NT気象庁(BoM)のトッド・スミス局長が午後5時に記者会見を開き、「ヌランバイでは18日朝から突風が吹くと予想される。また、早ければ18日夕刻にはゴブ半島北東部で瞬間風速時速170kmを超える強風が吹き荒れると予想される」と語り、さらに、「長期予想では、サイクロンがそこから南に転じ、カーペンタリア湾海上を移動するのか、それとも『トップ・エンド』と呼ばれるアーネム・ランド北東端に上陸するのかがまだはっきりしない」と予想している。

 17日午後7時52分にはBoMが、マニングリダからケープ・シールドにかけての地域にサイクロン警報を発令した。発令地域は24時間以内に突風が吹き始めると予想されている。また、ゴルバーン島からマニングリダ、ケープ・シールドからポート・ローパーにかけての地域では48時間以内に突風が吹き始めると予想されるサイクロン・ウォッチが発令された。最新の台風進路図では、ラムは、さらに西進を続けてから南に転じる見通しが強くなっている。

 NT緊急救援局のアンドリュー・ウォートン局長が、「台風の進路にある町や村も台風に備えてもらいたい。ラジオの気象予報などを逃さず、またラジオで避難命令が下るまで住民は避難センターに駆け込まないようにしてもらいたい」と発表している。
■ソース
Tropical Cyclone Lam heads for NT, expected to reach category four

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る