開演直前、舞台裏でのルーティーンは/QLDバレエ団 合々香と弘平のグランパドドゥ

QLDバレエ団
合々香と弘平のグランパドドゥ 第4回

開演直前、舞台裏でのルーティーンは

『眠れる森の美女』でオーロラ姫を踊る筆者(© David Kelly)
『眠れる森の美女』でオーロラ姫を踊る筆者(© David Kelly)

 皆さん、こんにちは。QLDバレエ団の吉田合々香です。今回は公演当日の舞台に上がるまでのルーティーンについてお話しします。

 以前にも少し話しましたが、公演が夜の日でもダンサーの1日は午前中からの始動となります。私はいつも公演開始2時間前までに、舞台でのエネルギーになるようなしっかりとした食事を摂るように心掛けています。その後、軽い仮眠を取り、温かいシャワーで目を覚ましつつ、体を温めます。更には温かい飲み物を準備して、イヤホンで優しい音楽を聴きながら楽屋の鏡台に向かいます。集中力を高めるため、そして自分がその日に踊る役に完全に入り込むために、この1人だけの静かな時間を意識的に作るようにしています。

 役に合わせた舞台メイクで外見を変えるだけでなく、イメージ・トレーニングで心も全てその役の人物に生まれ変わる時間をとても大切にしています。

 私は、公演前にはできるだけ時間に余裕を持ち、何事もゆっくり準備するのが好きですが、他のダンサーが必ずしも同じとは限りません。

 舞台前にあまり考え過ぎたり緊張し過ぎないように、あえて遅めに楽屋入りするダンサーもいれば、公演前に劇場を離れ、コーヒーを片手に新鮮な空気を吸いながら軽い散歩をするダンサーや、緊張を和らげるために明るい音楽を流しながら仲間とおしゃべりをしながら準備を進めることを好むダンサーもいて、本番に向けてのルーティーンはそれぞれ違います。

 今回は、皆さんに舞台直前の様子を少し覗いて頂きました。次回担当の弘平さんもどうぞお楽しみに!

このコラムの著者

吉田合々香(よしだねねか)/QLDバレエ団プリンシパル・アーティスト

吉田合々香(よしだねねか)/QLDバレエ団プリンシパル・アーティスト

金沢市出身。欧州に4年間留学後、2014年QLDバレエ入団のためにブリスベンに移住。平日はバレエ漬け、週末はお菓子作りや居心地の良いカフェでの時間を楽しむ。リラックス方法はおいしい和食を食べ、お風呂に浸かり、アロマを焚いてぐっすり眠ること。好きな映画は『ジュリエットからの手紙』

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る