華やかさの陰にあるもの/QLDバレエ団 合々香と弘平のグランパドドゥ

QLDバレエ団
合々香と弘平のグランパドドゥ 第5回

華やかさの陰にあるもの

QBの今年6月の公演で『眠れる森の美女』のデジレ王子を踊る筆者(Photo: David Kelly)
QBの今年6月の公演で『眠れる森の美女』のデジレ王子を踊る筆者(Photo: David Kelly)

 今回は、華やかなバレエ・ダンサーの表舞台ではなく、日々の努力や抱えている問題など、あまり見えない舞台裏について包み隠さず書いてみます。

 舞台上で踊るダンサーは、皆さんの目には華麗、繊細、そして優雅に見えるでしょう。しかし、ダンサーの日常の全てが舞台上にいる時のように輝いているわけではありません。公演で最高のパフォーマンスをするには、見えない所でそれ相応の努力を求められ、必ずしも華やかなことばかりではないからです。

 例えば、もちろん僕らにも週末に“休み”はありますが、掃除、買い物、次の週の準備などで、いつもあっという間に日曜の夕方がやって来ます。特に女性は、ポワント・シューズを慣らすために何時間も費やすので(シューズについてはまた次回)、更に大変です。

 普段、ダンサーの多くは1時間前にウォームアップやリハーサルの準備を始め、1日が終わるとクール・ダウンをしてから家路に就き、夕食後にリハーサルの復習、そして、シャワーに入ると、もう就寝時間……。

 忙しい合間を縫ってYoutubeで他のダンサーを研究するダンサーもいれば、氷バケツで足首の疲れを取るダンサーもいます。舞台や映画の鑑賞はリラクゼーションにもなりますが、公演される演目の映画などを見てキャラクターのイメージや仕草を研究するなど、リハーサルや公演に生かすことがほとんどで、バレエの練習の延長線上にある自主練みたいなもの。

 日々いろんな形で鍛錬を重ね、バレエに人生を注ぎ込むダンサーたちによって、あの輝かしい舞台が成り立っていることを知ってもらえたら光栄です。

このコラムの著者

岩本弘平/QLDバレエ団シニア・ソリスト

岩本弘平/QLDバレエ団シニア・ソリスト

兵庫県伊丹市出身。11歳からバレエを始め、18歳でメルボルンのオーストラリアン・バレエ・スクールに入学。その後、ロイヤルNZバレエ団を経て、2018年にQLDバレエ団に移籍。趣味はウクレレ、スポーツ観戦、睡眠、日本のお笑い。祖母の手作り水餃子の味を懐かしみながら、大好きなウィスキーのグラスを傾ける。

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る