GoogleがPCサイトを駆逐? 今年知っておくべきMFIとは

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!

楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

GoogleがPCサイトを駆逐? 今年知っておくべきMFIとは

検索エンジン最大手Googleは2016年11月5日、Googleウェブマスター向け公式ブログで「モバイル・ファースト・インデックス(MFI)」についての詳細を初めて日本語で発表しました。MFIとは、主にデスクトップ(PC)向けサイトを基準に評価してきたGoogleの検索結果を、モバイル・サイトのコンテンツを第1に評価していくことです。
 つまり、モバイル向けのサイトを持っていないサイトの評価は今後、検索順位が下がる可能性が高くなると言えます。そこで今回はMFIを受け、どのようなサイトの改善が必要になるか解説します。

レスポンシブ・デザインはSEOに有利か?

あくまで個人的な見解になりますが、結局はレスポンシブ・デザインで構築されたサイトがGoogle検索においては有利だと言えます。なぜなら、Googleは公式ブログにおいて「レスポンシブ・デザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合、いくつか変更を検討してみてください」とあるように、モバイルとデスクトップで作り分けているサイトは何らかの変更が必要だと明言しているからです。

もちろん、ユーザビリティを考え、モバイル版とデスクトップ版を分ける必要がある業種もありますが、大規模なサイトでない限り今のうちからレスポンシブ・デザインでサイトを作り変えておくと良いでしょう。

デスクトップ版サイトはインデックスされない?


とは言え、デスクトップ版のサイトがGoogleにインデックスされなくなるわけではありません。引き続きインデックスされますが、同条件ならばモバイル版のコンテンツを充実させたサイトやページの方が検索において上位に来る可能性が高くなります。デスクトップ版を無くす必要はありません。ただし、もしサイトのアクセスが下がるようであれば、モバイルでのアクセス状況について詳しく調べる必要があるでしょう。

デスクトップ版とモバイル版を別ドメインで作っているサイトは?

デスクトップ版とモバイル版を別ドメインで持っているというサイトは案外多いものです(例:「mideax.com」と「m.mideax.com」などで分けている)。こういう場合は、Google Search Consoleでモバイル版のドメインを追加する必要があります。なぜならば、サブドメインになっている時点でGoogleは別サイトとして認識するからです。


森茂樹
●出版・映画会社の角川書店入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る