コンテンツSEOに効く! 2017年8月の穴場キーワードはコレ!

今日から売れる販促・集客のコツ

しみながら売繁盛!

楽笑マーケティング

「モノが売れない時代」における「売れる」ポイントはただ1つ、「過去の成功体験ほど疑わしいものはない」と気付けるココロです。本コラムは出版・広告業界に15年以上携わってきた著者が、販促・集客のための「気付き」を与え、あなたの“やわらかアタマ”を育てます。

コンテンツSEOに効く! 2017年8月の穴場キーワードはコレ!

日本はもうすぐ「夏休み」ですね。夏休みは12月に並んで年間消費指数のピークを迎える、ビジネスの書き入れ時でもあります。そんな8月に向けてウェブサイトでの集客を高めようと、ブログやコンテンツ制作に取り組んでいる企業も多いかと思います。そこで、今回は2017年8月に検索数の上昇が予想される穴場のキーワードについて紹介します。

①Webマーケティングでは8月は「秋」

ネット・ユーザーの動向はオンタイムとは限りません。8月は「秋」にまつわるキーワードが多く検索されることを覚えておきましょう。特にネット・ショップなどを構えているファッション系のビジネスの方は要注意。8月からは秋物ファッションに関連するコンテンツをアップしていくことをお勧めします。

【狙い目キーワード】
「ブーツ レディース」「秋コーデ」「コート レディース」「秋ネイル2017」「レザー・ジャケットメンズ」

②2017年は「旅行」より「イベント」

毎年8月に予約が増える「シルバー・ウィーク」の旅行。今年は残念ながら大型連休とはならないため、秋イベントへのキーワード検索が増えると予想されます。特に地域やイベント名に絞ったコンテンツは検索されやすいので、コンテンツ内のキーワードに盛り込んでいきたいところです。

【狙い目キーワード】
「東京 イベント 9月」「ペルセウス座流星群」「京セラドーム イベント」「ハロウィン 衣装子ども」「山梨 ぶどう狩り」

③残り少ない夏休み。「時短」を連想するコンテンツを

8月に入ると、子どもがいる家族は残り少ない夏休みをどう過ごすかという意識が働きます。それ故、ちょっと切迫感や時短を意識した具体的なキーワード検索が増えるのです。

【狙い目キーワード】
「読書感想文 パクリ」「ペットボトル 工作」「お盆休み いつまで」「残暑見舞い テンプレート」「浴衣 ヘア・アレンジ 簡単」

④お盆休みは「混雑状況」を知りたい!

お盆休みに家族旅行というご家庭は多いと思いますが、お盆休み時期に急激に増えるのが「混雑状況」に関するキーワード。ブログはもちろん、Twitterなどでのリアル・タイム検索をする人が急増しますので、コンテンツもその辺を意識するとアクセスが短期間でグッと増やせる可能性があります。

【狙い目キーワード】
「首都高速渋滞情報 リアル・タイム」「高速道路渋滞情報」「サマー・ランド 混雑」「渋滞予測」

いかがだったでしょうか? ビッグ・ワードを狙わなくても、ちょっと具体的なキーワードを盛り込んでいくことでコンテンツSEOの対策が可能です。ぜひ、今年の夏のトレンドを調べながらコンテンツを作ってみてくださいね!


森茂樹
●出版・映画会社の角川書店入社後、雑誌記者・情報誌編集者として従事。その後、広告制作ディレクター、専門学校広報など出版・広告業界を渡り歩く(綱渡りだけど!)。現在は、格安ホームページ制作者、販促アドバイザー、翻訳家として活動中。
Web:www.mideax.com

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る