規制緩和策が続々…6月にはどうなる?各州の動きまとめ。

新型コロナウイルス対策の規制緩和が始まり、新しい日常へと生活が移行して行っていますね。各州での対応がそれぞれ違うので、混乱しがちな規制緩和の状況ですが、6月を前に来月の状況をまとめています。ぜひ参考にしてくださいね。

この記事はWA州とNSW州の新たなアナウンスを受け、6月2日・12日・16日に修正を加えています。

ニューサウスウェールズ州/シドニー

5月25日(月)に学校が開始され、レストランやカフェも制限があるなかオープンし始めています。6月1日(月)からの変更内容は以下の通りです。

・結婚式は20人まで参加可能
・葬儀、宗教の集まりは最大50人まで参加可能
・NSW州内での観光旅行が可能に
・図書館、美術館、博物館の再開
・パブ、クラブ、カフェやレストランは最大50人まで集客可能
・美容系のサービスは厳しい規制が設定され、再開が可能に

6月13日(土)より

・フードコートが再開可能
(ただし,再開にあたり店舗は新型コロナウイルス安全対策を取る必要があります。この安全対策には,4平方メートル規則の遵守、個別の着席飲食場所における最大人数を50人までとすること、衛生管理と清掃を強化することが含まれます。)

・他家庭訪問の最大可能人数を現在の5人から20人に拡大

・屋外集会の最大可能人数を現在の10人から20人に拡大

・ジム、フィットネス、ピラティス・ヨガ・ダンス等の教室が再開可能
 (1クラスは10人まで,屋内の場合は100人までの参加が可能)

・コミュティセンター(娯楽施設を含む)も再開可能
 (プールやサウナなどの一部の室内娯楽施設には使用人数制限があり)

・刺青,マッサージ店も再開可能
 (同時に入店できるのは10人まで。全ての活動は4平方メートル規則を遵守することが必要)

6月14日(土)より

・葬儀は人数上限なく4平方メートル規則のみ
(なお,他家庭訪問および屋外集会の上限人数はこれまでどおり20人)

7月1日(水)より

・18歳以下の子供のスポーツ大会が再開可能

・大人のスポーツ大会も再開可能
(スタジアム内飲食店の再開も可能ですが、一般飲食店と同様に新型コロナウイルス安全対策を取ることが必要。4平方メートル規則の遵守、個別の着席飲食場所における最大人数を50人までとすること等を含む。保健の観点から観客はスタンドで集まることはできず、4平方メートル規則を守って観戦する必要あり)

・屋内会場(パブ,レストラン,各種式場等)での上限人数が撤廃。4平方メートル規則のみ。
(ただし全ての場所において着席することが必要)

・最大4万人までの屋外での文化・スポーツ行事は,その収容能力の25%以内で実施可能(ただし,全ての行事において入場券及び着席が必要であり,厳しいガイドラインに従うことが求められます)

*音楽祭とナイトクラブはウイルス拡散の高いリスクがあるという保健アドバイスに基づき7月も引き続き禁止です。この規制は,もし州内の市中感染が引き続き低く抑えられるのであれば8月に緩和される可能性があります。

美容系サービスの厳しい規制ってどんなもの?

美容室、ネイルサロン、脱毛サービス等が対象となり、以下のような規制が設定されています。

・1名につき4平方メートルのスペースを確保(顧客、スタッフ共に)した上で、最大10人までの施術が許可されます。顧客、スタッフともに軽いかぜの症状であっても店舗に入ることはできません。

・待合室では本、雑誌、iPad等のタブレットを置くことはできません。また、社会的距離の設定をしっかりとする必要があります。顧客やスタッフが社会的距離を保つために人員を用意する、またはスタッフに教育をしてください。

・スタッフ、使用機器の衛生状態の維持、顧客が衛生状態を維持するための用意をしてください。

・入店の条件を入り口、ソーシャルメディアやウェブサイトに掲示する必要があります。

・COVID-safeアプリのダウンロードを推奨してください。

これらの条件を遵守した上で、年配の方、コロナウイルス症状の悪化が見込まれる条件のある方は、特に配慮が必要としています。

ヴィクトリア州/メルボルン

5月26日(火)よりこちらも学校が再開され、プレイグラウンドや屋外の運動器具が利用できるようになりました。次は6月1日(月)から以下の規制緩和が設定されています。

集会に関して

・家に友人等を呼ぶ場合、家族を含めて20人までの集まりが可能
・個人宅への宿泊が可能
・屋外、屋内ともに20人までの集会が可能
・結婚式は新郎新婦を含め20人まで、葬儀は屋内、屋外ともに50人まで参加可能
・宗教に関する集まりは20人まで参加可能

ビジネス、旅行、各種サービスに関して

・オークションは最大20名までとするが、参加数が少ない場合は開催しないことを検討すべき
・レストラン、カフェ、パブは一度に最大20人までを集客可能
・キャンプサイト、宿泊施設は共用設備が無い場合に限り再開可能
・美容系サービス、マッサージなど一度に最大20人までの顧客を集客可能
・飲食以外のマーケットが再開可能

スポーツ、レクリエーションに関して

・地域の集会所等、1つのスペースに対し20人まで集まることが可能
・室内、屋外のプールでは最大20人1レーンにつき最大3人まで利用可能
・美術館、博物館、屋外遊園地、動物園、ドライブインの映画館などは1スペース最大20人まで利用可能
・屋外でのスポーツは、接触しないものに限り最大20人に加えインストラクターが参加できる

その後の規制緩和の予定

6月22日からの規制緩和についても明言されているものがあるのでこちらに記載します。

・飲食店の最大集客数を50人に拡大
・レクリエーション施設(美術館、博物館、遊園地等)を1スペース50人に拡大
・スキー施設の再開
・ジム等屋内運動施設を最大20人(グループエクササイズは1グループ最大10人まで)にて再開
・屋内映画館、劇場、コンサート施設等で1スペースにつき50人着席が可能

クイーンズランド州/ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ

QLD州ではこれからの規制緩和のロードマップが発表されており、現在はステージ1、次回の緩和ステージ2は6月12日(金)適用となっています。今回はそのステージ2に関して紹介します。

集会、旅行に関して

・各家庭、公共施設、接触のない屋内外スポーツ、ジム、屋内外のプール、美術館、博物館、結婚式、プレイグラウンド等運動施設、図書館、公園等でのハイキングやキャンプ、宗教に関する集まりに対し、最大20名まで集まることが可能
・葬儀は最大50名まで
・自宅より最大250kmの範囲で旅行が可能

ビジネス、旅行、各種サービスに関して

・小売業の再開
・バーや賭博施設を除く飲食業、屋内映画館、不動産に関するオークション、屋外遊園地、アーケードゲーム施設、動物園、コンサート施設、スタジアム、美容系サービス、タトゥーショップにおいて1度に最大20名まで集客が可能
・学校の休みにドライブでの旅行が可能
・観光用の宿泊施設の再開

QLD州郊外エリア(アウトバック)に関して

・バーや賭博施設を除く飲食業は地元の人に限り1度に最大50名まで集客が可能
・旅行は郊外エリア(アウトバック)に限り可能

オーストラリアンキャピタルテリトリー/キャンベラ

キャンベラのリカバリー・プランに即したステージ2.1が5月30日(土)に、ステージ2.2が6月20日(土)に適用されます。今回はステージ2.1について紹介します。

集会に関して

・結婚式最大20人、屋内外葬儀最大50人までの参加が可能
・宗教に関する集まりは最大20人まで
・地域の施設への集まり、ブートキャンプ等のエクササイズは最大20人まで

ビジネス、旅行、各種サービスに関して

・美容系サービス、タトゥーショップ、ネイルサロンは最大20人まで集客可能
・ジム、フィットネスクラブ、プール、屋内スポーツ施設は最大20人まで利用可能
・美術館、博物館、遊園地、動物園、コンサート施設等は最大20人まで利用可能
・キャンプサイト、キャラバンパークは最大20人まで利用可能
・接触の少ない屋内外スポーツ、ダンスに関して最大20人まで参加可能

通勤・通学に関して

・可能な場合、自宅での勤務を推奨
・可能な場合、大学等の施設ではキャンパスへの通学を推奨
・混雑する時間の公共交通機関は利用を避ける

ウエスタンオーストラリア州/パース

現在5月18日よりWA州のロードマップのフェーズ2となっています。

フェーズ3の適用は6月6日(月)からとなり、以下のような変更があります。

・1人あたり4平方メートルのルールを、2平方メートルに緩和。屋内外の活動に適用する。

集会に関して

・屋内外、1スペースに最大100名まで、複数スペースがある場合1施設に対して合計300名までの参加ができる(100/300ルール)
・結婚式、葬儀の参加者は最大100名まで

飲食産業に関して

・飲食業、またアルコールを提供するライセンスのある店舗は再開できるが、店内での着席ができる場合に限る。またフードコートも着席できる用意をし再開が可能。

ビジネス、各種サービスに関して

・ビジネスを再開するにあたり、COVID Safetyプランの提出が必要(フェーズ2で再開したビジネスに関してもCOVID Safetyプランのアップデート要)
・ネイル、日焼け、脱毛等の全ての美容サービスを再開できる
・サウナ、銭湯、スパ、マッサージ等のサービスは100/300ルールを適用
・ジム、屋内スポーツ施設は器具の清掃等の準備をした上で通常通りのアクティビティを提供可能
・接触のあるスポーツ、トレーニングの再開
・プレイグラウンド、スケートパーク、屋外ジム施設の利用再開
・美術館、劇場、映画館、コンサート施設などの再開(100/300ルール、鑑賞の際は着席)
・パース動物園は入場者数の制限無しで再開(屋内スペース、カフェとレストランには100/300ルール適用)
・遊園地、サファリパークは100/300ルールにて再開
・ボーリング、ビリヤード等のゲーム施設、アイススケート、屋内プレイセンターは100/300ルールにて再開
・ロットネスト島の入場制限を取り消す
・TABや競馬の再開。クラウンカジノの賭博エリアについては引き続き閉鎖。

学校に関して

・通学時に保護者が学校の敷地内入ることを許可

郊外への旅行に関して

・WA州全域において通行可能(バイオセキュリティーエリアを除くKimberley地域含む。郊外のアボリジナルコミュニティは引き続き除外。)
・体調が悪い場合は旅行をしないこと

サウスオーストラリア州/アデレード

SA州のロードマップに即し、6月1日(月)よりステップ2が始まります。

集会に関して

・会場の大きさによって最大80人までの集まりが可能
・屋内の個別に別れたスペースごとに最大20人まで収容可能

ビジネス、旅行、各種サービスに関して

・再開に関し、COVID-Safeプランの提出が必要(ステップ1で再開している場合、6月1日までにプランを提出すること)
・COVID-Safeプランを店内、会場などに掲示

下記ビジネスに関しては屋内の個別に別れたスペースごとに最大20人までのルールを適用

・着席できる飲食店、ワイナリー、パブ、バーなど
・映画館、劇場、ギャラリー、美術館、博物館
・美容系サービス、タトゥーショップ、マッサージ
・運転免許取得のためのレッスン
・ジム、屋内フィットネスクラス(1クラスにつき10人まで)
・葬儀は50人まで参加可能
・接触のない屋外スポーツ、競技は20人まで参加可能
・接触のない屋内スポーツ、レクリエーションは1室20人まで(グループレッスンは最大10人まで参加可能)

ノーザンテリトリー

NT準州のロードマップに沿って、6月5日(金)よりステージ3が適用されます。ステージ3では全てのビジネス、施設、サービスにおいて、ルールを遵守した上で再開が可能としており、今回はその内容を紹介します。

ビジネス、各種サービスに関して

・食べ物の提供のないバーの再開
・映画館、劇場、コンサート施設、ナイトクラブ等娯楽施設の再開
・フェイシャルケア、タトゥー、ピアス等を含む美容サービスの再開
・TAB等のライセンスのある賭博施設の再開
・サッカー、バスケットボール、ネットボール、フットボール等のチームスポーツの再開
・地域の集会所、遊園地、レクレーション施設の再開
・スタジアム等スポーツ施設、観戦者を含む競技会(500人以上のイベントは個別にCOVID-19 Safetyプランの提出が必要)
・大規模イベントに関しては開催に関して個別に許可が必要

タスマニア州/ホバート、ロンセストン

TAS州ではロードマップに沿って6月15日(月)よりステージ2に移行します。今回はその内容を紹介します。

集会に関して

・各家族へ訪問できる数の増加を検討中
・屋内外の集まりは最大20人まで可能
・結婚式、宗教に関する集まりは最大20人まで
・葬儀は最大50人まで
・不動産関連のオークションは最大20人まで
・ジム、ブートキャンプの参加は最大20人まで
・公園のプレイグラウンド、エクササイズ施設は最大20人まで利用可能
・屋外でのコミュニティスポーツの再開、最大20人まで
・屋内スポーツ、レクリエーション、プールの再開、最大20人まで

ビジネス、旅行、各種サービスに関して

・レストラン、カフェ、映画館、美術館、博物館等の施設は最大20人まで収容可能
・美容系サービス、タトゥー、ネイル、脱毛、マッサージ等は最大20人まで収容可能
・デイスパの再開
・宿泊施設の再開

旅行に関して

・入州制限は継続
・キャンプ、宿泊の伴ったボート、山小屋等の施設は最大20人まで収容可能

感染の際に重症化するリスクの高い方は、自宅待機を推奨しています。

最後のまとめ

以上各州、テリトリーの規制緩和まとめでした。いかがでしたでしょうか?

6月1日から緩和が適用のところもあれば、半ばから適用の地域もあるようですね。また、今後のプランが決まっていないところも、6月に入ってすぐアナウンスされる場合もあるのでぜひこまめにニュースをチェックしてくださいね。

もちろんこれらの緩和は一時的に感染が拡がった場合に修正される可能性があります。そのため逐一自分の州内の感染数等チェックしておきたいですね。

それでは、皆さんも手洗いや社会的距離をまもって、新しい日常を少しずつお楽しみください!

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る