編集部イチ押し!6月の新作映画をチェック

 辛口コメントで映画を斬る、映画通の日豪プレス・シネマ隊長と編集部員たちが、レビューやあらすじとともに注目の新作を紹介 ! レイティング=オーストラリア政府が定めた年齢制限。G、PG、M、MA15+、R18+、X18+があり、「X18+」に向かうほど過激な内容となる。作品の評価は5つ星で採点結果を紹介。
 

ザ・コール
The Call
    スリラー/MA15+

今月のムービー・レビュー

公開中 満足度★3.5
隊長が観た!

ハル・ベリーと言えば、2000年の『X-Men』で注目を浴び、翌年の『ソードフィッシュ』で一気にスター俳優になった後、『チョコレート』で見事アカデミー賞主演女優賞を受賞したことが強く印象に残っている。この3本で、あっと言う間にハリウッドのトップ女優に一気に駆け上がってしまった彼女だが、演技だけではなく『007 ダイ・アナザー・デー』でボンド・ガールを演じるなど、ミスコン出身を生かしたモデルばりの容姿も注目されていた。

しかし、2004年の『キャットウーマン』では、最低な映画に送られるゴールデン・ラズベリー賞最低主演女優賞を受賞して、この後はちょっと低迷していた。正直、オスカー女優なんだから、もう少し作品を選べよ!と言いたくなる映画だったが、昨年『クラウド アトラス』に出演し、今回紹介する『ザ・コール』、そして来年には、彼女が注目を浴びるきっかけとなった『X-Men』シリーズの最新作が控えていて、ようやく一線に戻ってきた感じだ。しかし、この『ザ・コール』も「火曜サスペンス劇場」並みのB級臭がプンプンで、これまたオスカー女優が出演するような作品ではないのでは?

そのストーリーは、日本の110番、119番に当たるアメリカの緊急通報用電話番号911のベテラン・オペレーターのジョーダンが主人公。彼女は、ある日受け取った電話に対してミスをしたため、そのことが原因で電話をかけてきた女の子が殺されてしまう。それ以来、それがトラウマとなったジョーダンだが、また同じような電話がかかってくる…。

これがまた「火サス」の片平なぎさのように本当に分かりやすい演技で、「苦悩する私」「過去の出来事のフラッシュバックに動揺する私」をハルは表現していた。あの『チョコレート』で繊細な心の動きを顔の表情だけで表現した人の演技とは到底思えなかった。さらに、今回の役所は彼女の美貌を生かすものではなく、ダサダサのユニフォーム姿や、華やかさのないスッピンに近いメイク、いつの流行か疑ってしまうようなチリチリ・クルクル・ヘアと、敢えて彼女の良い部分を封印させたかのようなキャラクターだった。

ということで、ボロカスに言ってしまった…けれども、個人的には大好きだ!オペレーターの女の子とのやりとりや、指示する内容など、B級ながらもなかなかできた脚本で、テンポ良く話が進んでいくので、細かいところを気にすることなく一気にハラハラドキドキしながら観てしまった。

こんな上司で大丈夫か?あんなことが起こってクビにならないのか?など、疑問点も多いし、2人の電話の通話が切れてしまってから、ちょっとペースが落ちてしまったのも残念だけど、ひとひねりあるエンド・シーンなど、かなり楽しめた1本。当然、批評家からは良い評価は受けていないけれど、B級映画の楽しさを感じられてけっこう笑えたし、911の舞台裏も垣間見れたし、個人的には満足!このところ2時間を優に超える作品が多い中、94分という気軽に観られる上映時間もマル。


ハングオーバー!!! 最後の反省会
The Hangover Part 3
     コメディー/MA15+

今月のムービー・レビュー

公開中 満足度★3.5

新郎が独身最後の夜を同性の友人と過ごすバチェラー・パーティーの夜、ハメを外したところ、翌朝目を覚ますと身に覚えのないハチャメチャ騒動を起こしていたことに気付き、その経緯を明らかにする、大人気コメディー・シリーズの3作目にして完結編が公開。今回は結婚式なし、パーティーなしということで、特に何も起きないと思われたが…。変わり者のアランが大活躍する上、前回お縄にかけられたギャングのボス、ミスター・チャウが再登場してアランと対峙する!?


華麗なるギャツビー
The Great Gatsby
     ドラマ/M

今月のムービー・レビュー

公開中 期待度★★★★

Fスコット・フィッツジェラルドの名作『華麗なるギャツビー』をレオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイアなどの豪華キャストでリブート。主なロケ地の1つはシドニーだったという。1920年代、米ニューヨークの高級住宅街にある若き大富豪ギャツビーの豪邸で、毎晩のように豪華絢爛な宴が開かれていた。そこにある日、主役の1人である青年ニックが招かれ、主催者のギャツビーと対面する。そしてギャツビーが大きな隠し事をしていることをニックは感じて…。


ワイルド・スピード ユーロ・ミッション
Fast and Furious 6
     アクション/レイティング未定

今月のムービー・レビュー

6月6日公開予定 期待度★2.5

ワイルドでいかつい男たちやクールな女性陣、かっこいい車の数々が登場し、ストリート・レーシングを繰り広げる、大人気米カー・アクション映画シリーズの第6作目が公開される。ある日、軍隊が何者かによって襲撃される事件が起き、前作で登場した警察官ホブスが、ドミニクに事件の犯人と思われる関係者のファイルを渡す。その中には、逝去したはずのドミニクの恋人、レティの写真が入っており、ホブスは「お前のチームの協力が必要だ」と告げる…。


アフター・アース
After Earth
     SF・アクション/レイティング未定

今月のムービー・レビュー

6月13日公開予定 期待度★2.5

ウィル・スミスと実の息子ジェイデン・スミス共演のSF映画。タイトル通り、かつての姿から大きく変化を遂げた1,000年後の地球が舞台となっている。地球に異変が起き、人類は新星プライムに移り住んでいた。ある日、父サイファーと息子キタイは遠征から帰る途中、宇宙船が小惑星の嵐に遭い、地球に不時着してしまう。サイファーは大ケガを負い、キタイは父を救い故郷に帰るべく1人旅に出るが、地球の生き物たちは高度な進化を遂げ、旅路危険に満ち溢れていた…。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る