vol.20 ライブなお店紹介 : 2 Forum

メルボルン・ロック・シティ

メルボルン・ロック・シティ
vol.20

ライブなお店紹介 : 2 Forum

 今回紹介するのは、1929年に映画館としてオープンして以来、現在までメルボルン・シティのアイコンであり続ける「Forum Theatre(フォーラム・シアター)」です。初めて入った人は、何といってもまずその美しさに息をのみます。もともと2階席だったところを仕切って「Forum 2」という別のベニューにした以外は、80年前と変わらない内装で、夜空を思わせるブルーの天井に多くの彫刻が並ぶ荘厳な雰囲気は、それだけで一見の価値があります。
 スタンディングでキャパ1,500人、海外の大物アーティストの公演も多いForumですが、ここ数年、地元のインディー・アーティストたちの出演も増えています。といってもメルボルンのインディー・アーティストたちが、急に1,000人以上も集客できるようになったわけではありません。もちろん中には、レコ発ライブをここでやったDronesなどの大物インディーもいますが、多くの場合、地元のインディー・アーティストは、メジャー・アーティストのサポートとしてForumに出演する機会を得ます。
 サポート=Support Actは、日本語で「前座」とか「対バン」などと訳されたりしますが、これだけではちょっとイメージがわきにくいかもしれません。複数のサポートがある場合、最初の出演者は、オープナーとも呼ばれ日本でいう「前座」のイメージに近いでしょう。
 トリ=Head Linerとその直前に出るメイン・サポートは、ボクシングなどのチャンピオンとチャレンジャーの関係に近い場合も多く、地元のアーティストにとっては、ここでのサポートにブッキングされることは、大きなチャンスでもあるのです。インディーズのトップとメジャー・アーティストの真剣勝負が見られるのがForumのような大規模なベニューの面白いところです。
 10月9日にはメルボルン・インターナショナル・アーツ・フェスティバルの招きで、オルタナ系ロックのカリスマ“ボアダムス”が、Forumにやって来ます。日本が世界に誇るインディー・ロックの重鎮を、ぜひ、この機会に華麗なるForum Theatreでご覧ください。筆者は“チャレンジャー”KES Bandのミックスをしております。
■Forum Theatre
154 Flinders St., Melbourne (Cnr. Russell St. & Flinders St.)
Web: www.forummelbourne.com.au


NAOプロフィル
本名は安齋直宗。キーボーディスト、アレンジャーとしてTHE BOOM、坂田おさむなど数多くのミュージシャンのツアーやレコーディングに参加。テレビ・コマーシャルやベネッセの「しまじろう」シリーズなどの子ども向けの楽曲も多く制作している。2003年メルボルンに移り、バンドLAURAのプロデュースで「Beat Magazine Single of the year 2004」を受賞するなど、地元のインディーズ・シーンに欠かせないエンジニア・プロデューサーとして多忙な日々を送る。
■NAOウェブサイト:web.mac.com / nao24db

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る