ブリスベンとっておきスポット

ブリスベンとっておきスポット

ブリスベンとっておきスポット

 
 シドニー、メルボルンに次ぎ、オーストラリアで3番目に大きな都市ブリスベン。自然も文化も豊かなこの街のとっておきスポットをご紹介!

 


ブリスベンの観光情報


 

シティの真ん中で体験できる、くつろぎとアドベンチャー

カンガルー・ポイント・クリフ Kangaroo Point Cliffs
 


スコウト・プレイスから見渡せる景色

シティ観光のクルーズ船が行きかうブリスベン・リバーに周辺を囲まれた半島・カンガルー・ポイント。かつては森林が生い茂り、アボリジニの一族が居住していた地域で、ユニークな歴史と個性を持つエリアだ。現在も残された自然の姿と、対岸の近代的なビル群とのミスマッチが訪れる人々の心をつかむ。

カンガルー・ポイントの入口、スコウト・プレイス(Scout Place)は絶好のルックアウト。市が運行する観光バス「City Sights」の停車場にもなっている。


クライミングやアブセイリングにトライできる

 


おしゃれなカフェでひと休み

川沿いに整備された歩道はウォーキングやジョギングにぴったり。自転車専用の道路もありサイクリングにも最適だ。むき出しの流紋岩の断崖を利用したクライミングやアブセイリングも人気アトラクション。川ではカヤッキングも楽しめる。のんびりしたい時はランチを持ってピクニックに出かけるのもお薦め。水辺で遊ぶウォータードラゴンの姿を間近に見られる。リバー・テラス(River Terrace)では、おしゃれなカフェで眺めを楽しみながらお茶をすることもできる。

バスはシティからストーリー・ブリッジを渡って、ガバ・スタジアム方面へ行く234番が便利。車でも平日ならリバー・テラス沿いの無料駐車スペースが利用できる。チケット表示が必要な場所もあるので注意しよう。


■バス(City Sights)はシティの郵便局前を出発し約2時間で市内と周辺の観光スポットを回る。1日5本運行、好きな場所で乗降できる。Web: www.citysights.com.au

 


 
アンティークとアート好きにはたまらない

パディントン(Paddington)
 


アートやアンティークがあふれる通り


アンティーク・センター

ブリスベン市中心部のビジネス街から西へ約2キロ、タクシーやバスで10分弱の所にあるパディントン地区には、ビンテージものやユニークな小物を扱う店、画廊、書店や古本屋が集まっている。起伏に富んだ坂道の多いこの地区は、ブリスベンでも早くから開けた所で、1860年代に開発が始まった。現在でも“クイーンズランダー”と呼ばれる高床式でバルコニーのある家が数多くある。

昔から画家や作家、音楽家などが多く住んでいることもあり、特にラトローブ・テラス(Latrobe Terrace)沿いなどには、アートやデザイン、エコ関連の店が立ち並ぶ。また、80年代にブリスベンのコーヒー文化が花開き、その発展に大きく寄与した地区だったことから、現在もたくさんカフェがある。

こぢんまりした画廊がいくつもあり、ブリスベンのアート・シーンの重要な一角をなす地域でもある。また、以前は劇場として使われていた建物に45のアンティーク業者が集まるアン


画廊がいっぱい

ティーク・センターもある。保存状態の良いビンテージの置き物や家具、陶器、ジュエリー、洋服、おもちゃ、キッチン用品などが所狭しと陳列されており、ブリスベン市内はもちろんのこと、QLD州内外や海外からも、品物を探しに来る人がいるという。


■パディントンへは、ブリスベンCBDやカルチュラル・センターなどから出る、382、383、P384、385、N385のバスが便利。
■Paddington Antique Centre
Web: www.paddingtonantiquecentre.com.au

(Photos: Tourism Queensland)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る