【3月】アデレード、メルボルン・イベント/舞台:ハリー・ポッターと呪いの子、アデレード・フェスティバル他

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■アデレード等南オーストラリア州の情報も掲載しています。

Festival

Adelaide Festival
アデレード・フェスティバル

Jessica Mauboy

 今年で61周年を迎える、アデレードの文化と芸術のフェスティバル。先住民族の系譜を持つ人気ポップ・シンガーのジェシカ・マウボイの無料ライブがオープニングを飾り、舞台とスクリーンで楽しむオペラ「真夏の夜の夢」、文学のお祭り「ライターズ・ウィーク」、アデレード発のサーカス集団が人体の美と極限を魅せるパフォーマンス「ザ・パルス」の他、ダンス、アート、グルメなどの催しが目白押しだ。

●会場:アデレード市内各所
●日程:2月26日(金)〜3月14日(日)
●時間・料金:プログラムにより異なる(メンバーシップ料金$180:チケット割引、ハイ・グレード席の優先購入など特典あり)
●Web:www.adelaidefestival.com.au(公式サイト)、@adelaidefestival(公式Facebookページ)

WOMADelaide
ウォマデレード

 世界の音楽、アート、ダンスをテーマにした4日間のフェスティバル。社会派ロック・バンドのミッドナイト・オイルと先住民族出身のアーティストの特別共演や、音楽チャートARIAの殿堂入りを果たしたシンガーのアーチー・ローチなど、至極のライブに酔いしれよう。

●会場:King Rodney Park (AdelaideSA)
●日時:3月5日(金)〜8日(月)5PM〜深夜
●料金:大人$75〜165、コンセッション$66〜144
※日程ごとに料金が異なる。複数日程購入で割引あり
●Web:womadelaide.com.au

Music

The Bamboos + MSO: Symphonic Soul
ザ・バンブーズ+MSO公演:シンフォニック・ソウル

 ロンドン公演でチケット完売、地元オーストラリアの音楽フェスティバルでも人気のファンク・バンド「ザ・バンブーズ」と、メルボルン交響楽団(MSO)の夢の共演。20年のキャリアを誇る同バンドが生み出すサウンドが、ハマー・ホールをソウルフルに揺らす2日間。

●会場:Hamer Hall, Melbourne(100 St Kilda Rd., Southbank VIC)
●日程:3月12日(金)、13日(土) 7:30PM
●料金:大人$59〜119、コンセッション$54〜114
●Web: mso.com.au/whats-on/2021/the-bamboos

Expo

Pregnancy & Baby Expo
プレグナンシー&ベビー・エキスポ

 妊婦さんとその家族、そして赤ちゃんの暮らしに役立つ情報満載のエキスポ。最新ベビー用品やヘルスケア用品の展示に加え、母乳育児、乳児の睡眠、車や家での安全などをテーマにした無料講演もある。会場内にはミルクを温められる設備やキッズ・スペースも用意される。

●会場:Melbourne Convention and Exhibition Centre (1 Convention Centre Pl., South Wharf VIC)
●日時:3 月13日(土)、14日(日)8:30AM〜5PM
●料金:無料(要予約)
●Web: pbcexpo.com.au/promo/melbourne-expo

Theatre

Harry Potter and the Cursed Child
舞台:ハリー・ポッターと呪いの子

 世界中を熱狂させた小説『ハリー・ポッター』の、シリーズ8作目として作られた舞台作品。大人になり、子どもを持つ父となったハリーの逆転時計をめぐるスリル満点の冒険が、2公演完結の構成で描かれる。昼と夜の公演を続けて観るのがお勧めだ。

●会場:Princess Theatre(163 Spring St., Melbourne VIC)
●日程:2月25日(木)〜8月25日(水)
●時間:昼 公演2PM、夜公演7:30PM
●料金:$65〜225
●Web: harrypottertheplay.com/au

    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る