豚鍋 むらさき

この店のコレが食べたい

豚鍋 むらさき
日本で食べる鍋の味、ここに再現

 21年もの長きにわたりメルボルンの日本食文化を牽引してきた「むらさき」。真心のこもったサービスが評判のオーナー、里さんが紹介してくれたのはボリューム満点の『豚鍋』。暑いのに鍋 !? と驚くことなかれ。もともと冬季限定だった同メニュー、夏も食べたいという常連客の声に応えて定番化された人気の一品だ。


 豚肉、ねぎ、人参、白菜、豆腐などお馴染みの素材を味噌仕立てのスープで煮込む。味噌は昆布とともに半年間じっくりと寝かせたもの。新鮮な豚肉は臭みが全くなく、プリッとした食感だ。そして、味の決め手は薬味の自家製唐辛子にあり。韓国産を含め4種の唐辛子を細かく刻み、ゴマ油で炒める。ピリッとしたコクのある唐辛子と、まろやかな味噌の風味が相性抜群、食欲増進にもってこいの逸品だ。続いて、餅とうどんを投入。食べやすい一口サイズの餅と、のど越し良好のうどんに、またも箸が止まらない。ここまでで十分に満足、満腹するのだが、豚鍋を“知り尽くした”客なら『おじやセット』でシメ。スープの旨味を余すところなく吸収したご飯の上に生卵をトロ~リ加え、海苔をたっぷりふりかけたら、最後の一粒まで食べつくす人が多いのも納得だ。
 駐在員はもちろん、日本通のオージーにも「まるで日本にいるようだ」と言わしめる同店自慢の味とサービス。1度お試しあれ。
■住所:24 Russell St., Melbourne ■Tel: (03)9654-5437 ■営業時間:ランチ 月~金12PM~2:30PM、 ディナー 月~土6PM~10PM、日休

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る