仔牛のソテー、レモン・ソース添え RUB!CON

Signature Dish
仔牛のソテー、レモン・ソース添え RUB!CON
signa_May09.jpg

白ワインが進む、マイルドなヴィール


 ノース・メルボルンに9年前にオープンした、地元で人気を博すイタリアン・レストラン。赤と白を基調とした店内は、明るく開放的な雰囲気だ。
 今回紹介する一品は「ヴィール・リモーネ」。ヴィールとは、普通の餌を食べるようになる前の、まだ授乳期にある仔牛の肉のこと。リモーネはイタリア語でレモンのことだ。
 ソテーした薄切りのヴィールに、クリーミーなレモン・ソースがたっぷりとかかっている。その下にはマッシュ・ポテトやスティック状のにんじん、ブロッコリーなどの野菜が添えてあり、料理にボリューム感を出している。仔牛の肉は白く、想像以上の柔らかさ。ソースはクリーミーでコクがあり、ヴィールを優しく包み込むような感じだ。そういえば、これはレモン・ソースだったっけとふと思い出させる程度の、ほんのりとしたレモンの風味がソースを引き立てている。内心、食べ切れるのか少し心配だった野菜も、このソースのおかげで最後まで美味しくいただけた。
 ちなみに、この店を紹介してくれたご婦人はヴィールがいたく気に入ってライゴン・ストリートで数軒食べ歩いたが、やはりここだと納得したそう。
 この店は、いとこ同士のテディーとアンドリューが経営している。「良いサービスと質の高い料理、どちらか一方だけじゃダメだよね」とのアンドリューの言葉通り、2人が順にテーブルを回り客との会話を楽しんでいる。家庭的な温かい雰囲気の中で確かな味に出会える。人気があるのも納得の同店だ。
■RUB!CON
住所:50 Errol St., North Melbourne VIC
Tel: (03)9329-3389
営業時間:火~土10AM~深夜

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る