【PR】南半球からのおいしいギフト オーストラリア産マンゴーを日本へ贈ろう!

PR

南半球からのおいしいギフト オーストラリア産マンゴーを日本へ贈ろう!

今年もオーストラリア産マンゴーの季節がやって来る。特にQLD 州は世界有数のマンゴーの産地で、豊かな自然と温暖な気候下で愛情を込めて栽培される果実は高品質で人気も高い。その味を、日本へ送ることができることをご存知だろうか。マンゴーが旬を迎えるのはオーストラリアの夏、つまり日本の冬。おいしさだけでなく時期的な希少性も相まって、オーストラリア産マンゴーは日本のお歳暮や贈答用にもぴったりだ。QLD 州のマンゴーを日本へのギフトに考えている人に向け、品種の特徴やおいしい食べ方を紹介する。

栄養たっぷり! フルーツの女王

マンゴーはインドから東南アジア一帯を原産地とするトロピカル・フルーツ。ねっとりとした濃厚さとさっぱりした甘味、ジューシーな果肉を楽しめるのが特徴だ。日本ではマンゴーは生で食べるのが一般的だが、ジュースやかき氷などのスイーツ、ドライ・フルーツなどにも加工されている。

うれしいことに、マンゴーはおいしさだけでなくビタミンA、βカロテン、ビタミンC、葉酸などの栄養素も豊富に含み、美肌効果や老化防止の他、がんの抑制や成人病の予防などにも効果があると言われている。健康志向の人にも打ってつけのフルーツなのだ。

買う前に知りたいマンゴーの品種

ケンジントン・プライド(ピーチ・マンゴー)
ケンジントン・プライド(ピーチ・マンゴー)
ケイト(マチルバ・マンゴー)
ケイト(マチルバ・マンゴー)

マンゴーは19世紀にインドからオーストラリアに持ち込まれた。現在、北部準州やWA州でも栽培されているが、特に質の高いマンゴーの一大産地であるQLD州では乾燥した気候や肥沃な土壌を生かして高品質の果実が栽培される。

マンゴーにはさまざまな品種があるが、オーストラリアから日本へ輸出が認められているのは5種類のみ。この中でも特に人気が高い品種がQLD産マンゴーの代表格「ケンジントン・プライド」と「ケイト」だ。

オーストラリアを代表する品種でもあるケンジントン・プライドは、「ピーチ・マンゴー」の通称のとおり、芳しい香りと甘み、独特の舌触りから、贈答用としても大人気だ。日本の真冬に当たる12月が最盛期となる。

ケイトと呼ばれるアメリカ産の品種は、やや細長い卵型をした平均600グラムの大型のマンゴー。本来はグリーン系のマンゴーだが、ケアンズのマチルバ地方で丁寧に栽培すると真っ赤な色になるため、産地により「マチルバ・マンゴー」とも呼ばれる。果肉は繊維質が少なく、マイルドな甘味と程良い酸味が特徴だ。ケイトの旬は2月初めから3月初めだ。

送る際のポイント、おいしい食べ方

個人がマンゴーを日本へ持ち込むことは植物防疫法で禁止されているが、販売店に注文して送ってもらうことができる。生マンゴーの日本輸出は、精密な検査に通った農場生産の商品のみが許可され、品種も限定されている他、厳しい条件下で生産、消毒、梱包が行われているので安心だ。

なお、マンゴーをおいしく食べるには追熟が必須。届いた時に一番おいしい状態にするには、収穫後に徹底した温度管理と追熟技術を駆使し、成熟した状態での発送が不可欠だ。こうしたプロセスのおかげで、日本でおいしいマンゴーを食べることができるというわけだ。

これから旬を迎えるオーストラリア産のマンゴーは、日本ではなかなか手に入らない貴重な逸品。一番おいしいタイミングで日本の家族や友人など大切な人に贈れば、思い出に残るギフトになるはずだ。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る