ココナッツ、パッションフルーツ、ジンジャー、ミント

Meet the Sweets
味と色のレイヤーにミントグリーン がアクセント

Meet the Sweets

新時代を予感させる
ココナッツ、パッションフルーツ、 ジンジャー、ミント

Burch & Purchese Sweet Studio

食に、遊びに、ファッションに、すべてに高感度な人たちで賑わうサウス・ヤラ。その目抜き通りのチャペル・ストリートで、真っ白な外壁の小さな店が目を引く。

英国出身の2人のシェフの名が店名となった「バーチ・アンド・パーチェス・スイーツ・スタジオ」はこの4月にオープンしたばかり。白を基調とした店内には、まさにクリエイティブという形容にふさわしいケーキがウインドーに並び、その奥にそのまま続くキッチンでは、両シェフの作業風景を間近に見ることができる。

「レストランで食べるデザートの美味しさを、気軽に味わってもらいたい」と胸を張るのは、ビジネス・マネジャーのキャスさん。どのケーキも少なくとも6種類の“食感”から成っているという。数あるラインナップの中から、今回はキャスさんお薦めの“ココナッツ、パッションフルーツ、ジンジャー、ミント”を試してみた。

上に乗ったミント・ホワイト・チョコとジンジャー・マカロンは、トッピングの域を超えた完成度の高い味わい。そして最上層の甘酸っぱいパッションフルーツ・カードから、ゆっくりとスプーンを沈めていく。

ホワイト・チョコレート・スプレーで覆われたふんわりと泡のようなムースに隠れて、甘酸っぱいゼリーが顔を出し、その下からはタピオカの食感が楽しいココナツ・キャビア、そしてほんのり塩気のあるジンジャー味のクランブル。すべてを1度に口に入れると、パッションフルーツとココナッツの爽やかな甘さを、ジンジャーのスパイスがピリッと引き締めてくれ、まるで南国の気分。

クリーミーでプルプル、そしてサクサク感が舌の上で混ざり合う。たった1つのケーキから、その組み合わせでさまざまな味と食感を体験でき、見た目はもちろん、その計算し尽くされたレシピには、スイーツを超えた楽しさすらある。

同店のモットーは“Science Meets Sweets”。昔ながらの製法は使わず、最新技術を取り入れ、すべてが食べられる商品を提供する。新時代を予感させる同店のケーキは、形だけでなく、素材も含めたカスタム・メイドができる。


Meet the Sweets
店内には数百種類以上のスパイスや素材のサンプルも並ぶ

 

■Burch & Purchese Sweet Studio

住所:647 Chapel St., South Yarra VIC
Tel: (03)9827-7060
営業時間:火~日10AM~6:30PM

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る