「マグカップ・アロマ」

もっと!身近で簡単 アロマの時間

新連載
もっと ! 身近で簡単

アロマの時間

 皆さま、はじめまして。今回から、アロマセラピーをより簡単にそして身近に楽しんでいただけるコラムを書かせていただきます。ぜひお付き合いよろしくお願いします。

 アロマセラピーとは芳香治療という意味で、「緊張を和らげてリラックス」「沈んだ気持ちを元気に」「筋肉の痛みを軽減」など、心と体のあらゆる不調に働きかけることができる療法です。
 植物のエッセンスを香ったり、肌に付けたり(肌に付ける時は必ず希釈する必要がありますのでご注意ください)することで、精油に含まれる成分を体内に取り込み、人間が本来持つ自然治療力を高めます。
 アロマ・ポットで香りを楽しむほかに、ティッシュや木綿のハンカチに1、2滴垂らしてカバンの中に入れたり、お風呂場の床に3、4滴垂らした後にシャワーを浴びるだけでも、十分なアロマセラピーなのです。
 まずは、近くのアロマ・ショップでご自身が好きな香りを探しながら1本購入してみてください。初めてならラベンダー(Lavandula officinalis)がお薦めです。次号で詳しく説明しますが、そのオイルがちゃんとした精油であることをご確認くださいね !
 それでは皆さま、素敵なアロマ・タイムを !

もっと!身近で簡単 アロマの時間

いつでも、どこでもアロマが楽しめちゃう !
「マグカップ・アロマ」

「マグカップ・アロマ」

 朝の忙しい時やオフィスで疲れた時にこそアロマが大活躍なのですが、手間がかかるし、外出先でアロマなんて…と思う方もいらっしゃると思います。
 そこでご紹介したいのが「マグカップ・アロマ」。マグカップにお湯を8分目まで入れ、そこに精油を1滴。ゆっくりと鼻に近づけて深呼吸、湯気がなくなるまで何度かゆ~っくりと呼吸するだけで、完璧なアロマセラピーです。
 集中力を高めたい時や鼻詰まりがつらい時は、ユーカリ(Eucalyptus radiata)、眠気が覚めない時は、ローズマリー(Rosmarinus officinalis CT verbenone)、リラックスしたい時はラベンダー、精神を安定させたい時は、ゼラニウム(Pelargonium graveolens)などがお薦めです。マグカップは陶製またはガラス製で、洗っても精油の香りが残る場合があるため芳香専用に使えるものを用意しましょう。


もっと!身近で簡単 アロマの時間

著者プロフィル/相澤正弘
ボンシック社代表。オーガニック・スキンケア製品の自社ブランド「c19(しずく)」「Green Shower」を展開、日本へ輸出している。在豪17年。アロマセラピー、アーユルベーダ、レメディアル・マッサージなど各種コースを修了し、レアな男性アロマセラピストとして日豪で活躍。
Web: www.marvo-aromatherapy.com
Tel: (02)9439-8633

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る